旅の宿



PB040290.jpg


スポンサーサイト
[ 2012/11/29 23:21 ] ノスタルジア | TB(0) | CM(4)

こんにちは、

この旅の宿の写真の光景には数えきれない位の
楽しい、辛い、寂しい、悲しい思い出が詰まって
います。

この思い出をうちの師匠に語れない苦しさ
S氏さんなら感じとってくれそうですね(笑)
[ 2012/12/01 12:52 ] [ 編集 ]

ビリーさん

こんばんは。
何処行くあてもなくさまよって、たまたま空いていた安宿が今夜の塒。
狭い部屋の畳に寝転がり、ぼんやり見上げた天井の空。
ここに泊まった誰かも、こうして仰向けに寝転がって天井を見上げたりしたのかな。
その時に思ったことはどんなことだったのかな。
そんなことを思いながらなんとなく撮ってみました。(笑)

ビリーさんと師匠のやり取りが目に浮かぶようですね。(笑)
ビリーさんが色々語っても、師匠の一言で、ハイおしまい。みたいな。・・・(笑)
[ 2012/12/01 23:29 ] [ 編集 ]

こんばんは。

こういう天井と照明、よく見た覚えがあります。
寝転がってみれば、自ずと目に入ってくる光景ですよね。
旅館か民宿であったり、昔の自宅もこんな風なものがあったように思います。
毎日寝転んで見ているわけですが、果たしてその時々どんな思いで見つめていたのでしょう。

何でもない光景ですが、ノスタルジックな写真です。
[ 2012/12/04 21:24 ] [ 編集 ]

Hasemiさん

こんばんは。
私の家も、昔はこれと同じような照明器具だったので、懐かしく思えました。
高級な宿では決して味わえないノスタルジックな雰囲気です。(笑)
こんな部屋で、ぼ~っと、天井を眺めているひと時がとても幸せです。
こんな所が居心地のいいと思う高級には縁のない私。・・・(笑)
[ 2012/12/05 00:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://esu41.blog97.fc2.com/tb.php/890-fadeb7e7