大天井岳 その④

_DSC2589.jpg
ハイマツとダケカンバの緑が綺麗な縦走路。





_DSC2591_20120721062814.jpg





_DSC2593_20120721062814.jpg






_DSC2594_20120721062813.jpg





_DSC2601_20120721062813.jpg
ここまでくれば大天荘もあとわずか。




_DSC2608.jpg
「天城~越え~♪」と、テープレコーダーから聞こえてくる音楽とともに現れたおじさん。(笑)
何だか妙に哀愁を漂わせながら歩く姿が寂しげで、天城越えの歌が妙に合っていて何だかかっこいい。
思わず一緒に歩きたくて「おじさん、一緒に行こう。」と声をかけて大天荘まで一緒に歩きました。
ちぐはぐな4人組は、はたから見ても怪しげな。・・・(笑)





_DSC2613_20120721063140.jpg
お嬢さんも体調が悪いのに今日はとても頑張りました。
ここまでくればあと5分で。いや、10分かも。…(笑)





_DSC2614.jpg





_DSC2623.jpg
大天荘が見えてきました。




_DSC2625_20120721063139.jpg
目印のケルン。




_DSC2629.jpg
今晩の夕食。
今どきの山小屋の食事はおいしい。^^
赤だしの味噌汁は大好物です。まさかここでいただけるとは思いませんでした。




_DSC2631_20120721063514.jpg
大天荘食堂。




_DSC2636_20120721063900.jpg
今回泊まった部屋の様子。
この部屋は運よく個室状態で我々だけでした。
大勢で窮屈に寝る様子を想像していたので、とてもラッキーでした。


_DSC2639.jpg
大天井岳は大天荘のすぐ裏が山頂になります。
昨日は大天荘に到着したら暗くなり始めたので山頂は翌朝に行きました。
早朝から雨風が強く山頂からは何もみえませんした。



_DSC2643.jpg
大天井岳(2922m)三角点。





_DSC2645_20120721063859.jpg
山頂もこんな様子。・・・
前日よりもさらに悪い天候でした。




_DSC2657.jpg
昨日よりもさらに濃いガスが立ち込める中、昨日登ってきた道を戻ります。




_DSC2667_20120721063859.jpg





_DSC2672.jpg





_DSC2674.jpg
雨が激しくて、カメラがもう限界でした。
わずかに撮った帰りの縦走路の写真です。





_DSC2684.jpg
いきなり燕山荘で昼食の写真。(笑)
ここのビーフシチュー、ワインの風味がよくてとてもおいしかったです。
今どきの山小屋の料理って。・・・




_DSC2696.jpg
お昼ごはんを済ませたら支度をして再び出発です。





_DSC2699.jpg






_DSC2701.jpg





_DSC2717.jpg
イワカガミも沢山咲いていました。





_DSC2722.jpg





_DSC2724.jpg
合戦小屋まで下ってきました。
またスイカ食べる?。・・・(笑)






_DSC2725_20120721064711.jpg






_DSC2741_20120721064710.jpg
中房登山口に到着しました。
お嬢さんもお疲れ様でした。^^





_DSC2743_20120721064840.jpg
今回は天気が悪かったけれど、出会いもあったりでとても楽しい登山でした。
あOお嬢さんも最後まで付き合って下さってありがとうございました。
かみさんもとても喜んでいました。^^天城越えのおじさんもまたどこかで会えるといいな。(笑)







スポンサーサイト
[ 2012/07/22 01:18 ] アウトドア | TB(0) | CM(8)

こんばんは、

いつもながら素晴らしい山の写真をじっくり
堪能させていただきました。

雷鳥との出会いはありましたか♪

[ 2012/07/23 00:02 ] [ 編集 ]

こんにちは。

素晴らしい景色をありがとうございます。
こんな光景滅多に見られません。
そして、良い出会いもありましたね。
とても良い山行きだったのではないでしょうか。

山小屋に泊まったことがないのですが、食事もレストランのようですね。
今度尾瀬行きを検討しています。
高校の時から尾瀬には何度も行っているのですが、もう何年も行っていません。
まずは日帰りで、それから山小屋泊まりを考えています。
雑魚寝が苦手で、山小屋=雑魚寝 このイメージが強くて二の足を踏んでいます。
[ 2012/07/23 18:23 ] [ 編集 ]

ビリーさん

こんばんは。
私もライチョウが見たくて気にかけていましたが、見ることができませんでした。
天気が悪くて、広大なアルプスの景色を写真に収めることが出来なくて残念でしたが、見てくださってありがとうございました。
[ 2012/07/23 23:26 ] [ 編集 ]

Hasemiさん

こんばんは。
今回も楽しい登山でした。
私も雑魚寝が苦手ですが、たいていの山小屋はこれが当たり前なので仕方ないですね。たまに個室予約可能な所もありますがとてもお高いですし。…(笑)
ただ、食事はどこの小屋も美味しいものを出してくれるので嬉しいですね。ありがたいことです。
ぜひ一度試してみてください。慣れれば何とかなると思いますよ。^^
[ 2012/07/23 23:33 ] [ 編集 ]

いつも素敵な映像詩をありがとうございます

 はじめましてS氏さん
 廃屋の風情や窓際の静物などなど・・・、郷愁をいざなわれつつ
拝見しております。
山岳戦ならぬご夫妻での山行、このルートが懐かしく投稿させて
いただきました。
私の妻はもう山から遠ざかって久しくなりましたが、私は懲りずに
いまだ独り山歩きを楽しんでおり、この道は大天井の先 常念岳~蝶ヶ岳へと
歩いたことがありました。(’07年10月)
雷鳥と奇岩とハイマツそして展望のこのルート、
残念ながらいまひとつの気象条件だったようですが、次の山行レポを
楽しみにしております。
[ 2012/07/25 10:29 ] [ 編集 ]

我歩人さん

こんばんは。
いつも読み逃げばかりしていてすみません。
我歩人さんの渋い記事が好きで、「今度はどこを歩いてきたのかな。」気になってお邪魔しています。^^
私も縦走はとても憧れているのですが、まとまって休めない条件やら、車を止めてきた場所に戻らなくてはならないやら、その他諸々で(笑)一泊で来た道を帰る、もしくは日帰りでいけそうな山のピークハント?ぐらいしかできていませんが、山が好きです。
[ 2012/07/25 23:12 ] [ 編集 ]

こんにちは、S氏さん。

お天気はイマイチでも素敵な山旅、お疲れ様でした。
私たちもプチ縦走の計画もしているのですが、そんな中、
やはり、雨の中の山登りも経験しておかないと。。。と思い、
S氏さんのこの記事もしっかり拝見させていただいています。

今度はドコのお山へ登られるのでしょうか?
私たちもそろそろ夏山開幕と行きたいのですが…どうなることやら ^^;
[ 2012/07/26 16:32 ] [ 編集 ]

kaco さん

こんばんは。
雨の山登りは面倒なことも多いですが、上手く準備できれば少しは快適にできますよね。
kacoさんは靴がおニューなので、雨の日もソールのエッジが効いているので滑りにくいと思いますよ。これだけでも雨の山歩きがたのしくなりますね。^^
これが減った靴だと、泥道の下りではよく滑り転びそうになりますし。・・・
kacoさんたちは縦走ですか、いいですね。
私はこの次はどこ行こうかまだ決めていません。^^;仕事の区切りがつくまでなかなかスイッチが入らなくて。…(笑)
山とは少し違いますが、「下の廊下」を歩いてみたいとずっと思っていました。
ここもいつかは行ってみたいです。
[ 2012/07/26 23:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://esu41.blog97.fc2.com/tb.php/817-45515411