大天井岳 その③


_DSC2387_20120720222341.jpg
蛙岩を過ぎてから少し行くと急な下りが見えてきました。
下った後また同じくらいの高さまで登り返す「大下り」です。




_DSC2390_20120720222341.jpg
また暗くなって雨が降り出してきました。





_DSC2415_20120720222341.jpg





_DSC2419_20120720222341.jpg





_DSC2423.jpg
大天井岳(2922m)が見えています。
細い線のように見えるのが縦走路で、大天井岳を斜めに横切るように登った先には大天荘があります。



_DSC2425_20120720222340.jpg




_DSC2428_20120721000503.jpg





_DSC2430_20120721000502.jpg
一緒に歩いて下さったあOお嬢さん。
コンディションが優れないでいましたが頑張って歩いています。




_DSC2436_20120721000502.jpg





_DSC2438_20120721000502.jpg





_DSC2439_20120721000502.jpg






_DSC2446_20120721000502.jpg





_DSC2453.jpg





_DSC2455.jpg
タカネツメクサ




_DSC2457_20120721000915.jpg





_DSC2464.jpg





_DSC2466.jpg





_DSC2467_20120721000915.jpg







_DSC2474_20120721001217.jpg





_DSC2477_20120721001217.jpg
鎖場を行くかみさんとお嬢さん。
鎖場は難易度はありませんが、油断せず慎重に丁寧に。




_DSC2485.jpg



【こばやし きさく】 1875年~1923年 安曇野市穂高(牧)生まれ。

17歳で猟を始め、同年同郷の先輩であった為右衛門に案内され槍ヶ岳の山頂に立つ。この後北アルプス付近をくまなく歩きガイドとして活躍。当時4、5日かかっていた中房温泉から槍ヶ岳の縦走路をわずか1日で行くことができる新ルート「喜作新道」を開拓。
(http://www.city.azumino.nagano.jp/yukari/)安曇野市より




_DSC2498_20120721001217.jpg





_DSC2502.jpg





_DSC2510.jpg






_DSC2514.jpg





_DSC2517_20120721001610.jpg





_DSC2520_20120721001609.jpg





_DSC2534.jpg





_DSC2535.jpg





_DSC2541.jpg





_DSC2545.jpg
分岐の道標。

その④へつづく。
スポンサーサイト
[ 2012/07/21 00:59 ] アウトドア | TB(0) | CM(2)

。。。と宣言通り?来ちゃいました m(_ _)m

蛙岩過ぎからの大下り…後の大登り?に私だったら心が折れそうです!
しかも、お天気がイマイチだとテンションも下がってしまいます。

2年前の夏の燕岳への登山時、
縦走路からの大天井も槍・穂もみんな良く見えて・・・
いつかは絶対歩きたいと、毎年思っています。

ただ、私の場合はヘタレなので、
大天井までたどり着けるかどうかが問題です(汗)
[ 2012/07/21 10:00 ] [ 編集 ]

kaco さん

こんばんは。
大下りは、100mほど下ってまた同じ高さまで登り返すんですもの。もったいないですね。(笑)
へタレと言いながらも色々な所を歩いているkacoさんなら大天井もきっと平気だと思いますよ。^^
靴も履き慣らしたころに是非。!美しい天空の縦走路が待っていますよ。
私もまた行ってみたいです。
[ 2012/07/21 23:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://esu41.blog97.fc2.com/tb.php/816-83024555