倉庫街①

下仁田駅に隣接する古い木造の倉庫
舗装されていない小石と土の通りは子供の頃に過ごした町の様子によく似ていて、歩く感触や木造の建物の壁の景色から、忘れていた昔の懐かしさが蘇ってきました。


_DSC7786.jpg






_DSC7774_20120618222836.jpg






_DSC7800_20120618222834.jpg







_DSC7806_20120618222833.jpg







_DSC7797_20120618222832.jpg







_DSC7768.jpg
スポンサーサイト
[ 2012/06/18 22:57 ] ノスタルジア | TB(0) | CM(4)

こんばんは、

直ぐにも映画のロケに使えそうな場所ですが、
こんな所をのんびり散策したらきっと忘れかけて
いた子供の頃の思い出がよみがえりそうですね。

かくれんぼに缶けり?が似合いそうですね。
[ 2012/06/19 00:06 ] [ 編集 ]

ビリーさん

おはようございます。
路地はまだ舗装されてなかったころに遊んだ感触と同じだったような気がしました。
ロケにも使えそうな古い建物も良い雰囲気でした。
[ 2012/06/19 07:35 ] [ 編集 ]

ここも廃墟なのでしょうか。現役?
いずれにしても舗装されていない砂利道は懐かしいです。
昔は表通り以外はこんな感じで、雨が降ればわだちなどで水たまりになり・・・そんな光景が浮かびます。
それはそれである意味よかったのでしょうが、時代がこぎれいになって便利になると失ったものの方が多いのではと思います。
行き過ぎと気がついても後戻りできない弱さが人間(自分も)にはあるのでしょう。
[ 2012/06/19 18:37 ] [ 編集 ]

かもしかさん

こんばんは。
ここの倉庫群は、今はもう使われていないので廃墟ですね。
古い建物も見応えがあるのですが、一番感動したのは懐かしい感触がよみがえる砂利の通りでした。
砂利道はそれほど珍しくもないし歩くこともよくあるのですが、この砂利を踏みしめる感じは昔を思い出す独特の感じでした。うまく説明できませんが。・・・^^;

いけないと分かっていても後戻りができないことは不幸なことですね。
[ 2012/06/19 22:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://esu41.blog97.fc2.com/tb.php/801-0ce2ab11