アプトの道の魅力①丸山変電所

修復される前は屋根も落ち、朽ちていた丸山変電所ですが、今ではすっかり綺麗に修復されて「アプトの道」の見どころになっています。
裏手のまだ手つかずの、わずかな廃の部分を見ると、ずいぶんと大変な修復だったことが覗われます。
こんな重要な物件が最近まで放置されていたことも驚きですが、こうして蘇ることで多くの人に見てもらうこともできて、歴史も知ってもらえることは大きな意味があることだと思います。




_DSC6247_20120513172234.jpg






丸山変電所

横川-軽井沢間の電化に伴い、明治45年に建設された。国鉄が全国で初めて造った変電所で、純煉瓦造りでは最古のもの。
また、当時の鉄道・電気の最先端技術が導入された。碓氷峠を通過する電気機関車の心臓部の役割を果たしていた。堂々とした姿が、鉄道の歴史を伝える。

建物2棟(蓄電池室、機械室)の煉瓦造からなる。軽井沢側の機械室には450kwの回転変流機2基と500kVAの変圧器2基が収められ、ここで交流6600ボルトを直流650ボルトに変換した。横川側の蓄電池室には312個の蓄電池が設置され、列車が通らない時に充電し、列車の登坂時に放電して電力を補っていた。

平成6年12月27日碓氷峠鉄道施設として国の重要文化財の指定を受け、老朽化に伴い、平成12年度より改修工事を進め平成14年7月に終了した。  
                       (安中市HPより)


_DSC6304.jpg








_DSC6312_20120510233155.jpg








_DSC6265.jpg








_DSC6292.jpg








_DSC6300.jpg








_DSC6287_20120510232910.jpg








_DSC6288.jpg








_DSC6313.jpg







_DSC6316_20120513180031.jpg







_DSC6322.jpg






_DSC6326_20120513185202.jpg







_DSC6327.jpg







_DSC6342_20120513190311.jpg






_DSC6357.jpg







_DSC6333.jpg









スポンサーサイト
[ 2012/05/13 20:29 ] ノスタルジア | TB(0) | CM(2)

夕暮れ時のくそ忙しい時にその男え○氏が変電所に現れた。
その男○す氏は写真を撮りながら(# ̄З ̄)ブツブツ言っていたので聞いてみると
『やべ~…すげぇ…超カッコいい!』

と繰り返し呟いていましたとさ((((:゜д゜)))ガクブル
[ 2012/05/13 22:09 ] [ 編集 ]

OるOるちゃん((((:゜д゜)))

((((:゜д゜)))変電所は「やべ~…すげぇ…超カッコいい!」((((:゜д゜)))
今度行ってみましょう。なOぴー君次は強制参加です。((((:゜д゜)))ガクガクブルブル
[ 2012/05/14 00:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://esu41.blog97.fc2.com/tb.php/785-14adbcf6