アプトの道を歩いてみました。




_DSC6203.jpg
信越本線旧線の廃止区間の横川-軽井沢間のうちの横川-熊ノ平間がウォーキングトレイル「アプトの道」として一般に公開されています。
横川駅-碓氷峠鉄道文化むら-旧丸山変電所-碓氷第二橋梁-碓氷湖-めがねばし(碓氷第三橋梁)など、約13kmのこのコースには見どころが沢山あって、鉄道遺産と峠の自然を楽しめてとても充実したハイキングコースになっていました。





_DSC6218.jpg









_DSC6219.jpg
旧上り線の線路をそのままに残して舗装したコースは軌道の上を歩いている気分を味わえてなかなかいい道でした。







_DSC6227.jpg






_DSC6233_20120508062124.jpg
上信越道の橋と交差する旧線。
きっと当時は想像もしなかったこんな光景、時の流れを感じます。





_DSC6241_20120508062123.jpg
トロッコ列車「シェルパくん」
廃線になった信越本線の下り線を利用して、「碓氷峠鉄道文化むら」から「とうげの湯」までの2.6㎞の区間を運行している列車です。途中の旧丸山変電所前(丸山駅)にも立ち寄ります。
トロッコ列車「シェルパくん」は遊歩道の脇の軌道をゆっくりゆっくりと走っていきます。




_DSC6245.jpg






_DSC6250.jpg
旧丸山変電所。
美しいレンガ造りの変電所です。
横川-軽井沢間の電化のために作られた変電所で旧線がアプト式運行されてた頃に使われていましたが、アプト区間が廃止になってからは放置されていて、最近までは屋根も落ちて廃墟状態でした。そんな状態から綺麗に復元された旧丸山変電所も今は国の重要文化財です。





_DSC6384_20120508062440.jpg
旧線一号トンネル。





_DSC6395.jpg






_DSC6418_20120508062923.jpg
上空では、雲が急激に発達して雷鳴が響き雨も降ったりやんだりの様子。
雲の切れ間から光が射して新緑を照らします。
妙義山も、光と影のコントラストの強い印象的な姿でした。






_DSC6480_20120508062922.jpg
いぶされて黒くなったレンガと苔の緑色がトンネルの重厚さを醸し出しています。
このコースの魅力は、こうしたトンネルをまじかで見ることができることも大きな魅力だと思います。
レンガ積みのトンネルの細やかで重厚な独特の雰囲気に見入ってしまいます。




_DSC6482_20120508062922.jpg







_DSC6483_20120508062921.jpg
碓氷湖。
碓氷川に建設された坂本ダムによってできた人工湖。







_DSC6502.jpg
碓氷湖の周囲は遊歩道が整備されていて湖の周囲約(1.2km)を散策できます。
湖に作られたアーチ橋も煉瓦で作られて、めがね橋に合わせた景観となっています。
周囲の緑色の木々とも調和していて良い雰囲気になっています。





_DSC6605.jpg
旧線第五号トンネル。





_DSC6647_20120508063845.jpg
このトンネルを抜けるとめがね橋(碓氷第三橋梁)になります。





_DSC6653.jpg
めがね橋の全長は91mその先には旧線第六号トンネルが見えています。





_DSC6654_20120508063844.jpg
めがね橋から山手の方北側には旧信越本線(新線)のコンクリート製橋梁が見えています。
写真では重なっていてよく判りづらいですが、上り、下りの2本のコンクリート製橋梁があります。
めがね橋から見えるこの新線も、長野新幹線の開業によって1997年(平成9 年)9月30日に横川-軽井沢-篠ノ井間の運転が廃止されました。この年の10月1日軽井沢-篠ノ井間を東日本旅客鉄道から移管され、しなの鉄道線として開業。

明治26年から昭和38年まで使われていた旧線の上から昭和38年から平成9年まで使われていた廃線の橋梁を眺めて。
「未来に新たな乗り物ができると新幹線もいつかはこんな風になってしまうのだろうか。」・・・「きっとそのころの列車はレールの上を走っていなかったりして。」なんて勝手に遠い未来を思う。(笑)





_DSC6734_20120508063843.jpg
全長91m、川底からの高さ31mのレンガ造り四連アーチ橋は国内では最大。
使われたレンガの数は約200万個ともいわれるこの橋は国の重要文化財に指定されています。




_DSC6781_20120508063842.jpg
第6トンネル内部横坑。
長いトンネルの工期短縮のために途中からも穴を掘り進めた工事の名残りの部分。




_DSC6801_20120508063842.jpg







_DSC6828_20120508064225.jpg
熊ノ平信号所到着。
アプトの道はここが終点になります。ここからは折り返して横川駅に戻ります。




_DSC6842.jpg
熊ノ平変電所。




_DSC6896_20120508065147.jpg
アプト式開通の碑。

横川駅から始まる「アプトの道」もここ熊ノ平信号所が終点です。
「アプトの道はこの先も伸びていくのでしょうか、もっと歩きたいですね。^^ぜひ軽井沢駅までつながってほしいと思いました。
鉄道遺産の歴史に触れながら自然の中を歩くとてとても充実したひと時でした。














スポンサーサイト
[ 2012/05/10 00:50 ] アウトドア | TB(0) | CM(9)

なるほど、こうなっているんですか。
いいですね。
トロッコがあるのも鉄道が活かせていていいものですね。
大好きな妙義山も見せていただきありがとうございます。
[ 2012/05/10 03:31 ] [ 編集 ]

ここ良いところですよね。
調べたら、2008年5月にアプトの道を歩いていました。
途中峠の湯で一っ風呂浴びました。

[ 2012/05/10 10:52 ] [ 編集 ]

Hasemiさん

こんばんは。
とうげの湯に行かれたのですね。いいなぁ。^^
私も行ってみたかったですが、帰ってから別の用事があったのでそそくさと帰りました。
今度訪れた時には絶対にとうげの湯や鉄道文化むらも寄ってみたいと思います。(笑)
[ 2012/05/10 23:05 ] [ 編集 ]

かもしかさん

こんばんは。
妙義山の壁のような岩肌はとても迫力がありますね。
始めて妙義山を見た時には山の形のすごさに圧倒されました。
たしか、金沢から東京に行く途中の「白山」の車窓から見た妙義山だったと思います。
[ 2012/05/10 23:24 ] [ 編集 ]

こんばんは、

トンネルを車で通るのも苦手ですが、不思議と
徒歩は平気なので、ここはぜひ行ってみたい場所
です。

横川といえば釜めし位の知識しかありませんでした
が、素晴らしいハイキングコースがあるんですね。
[ 2012/05/11 00:21 ] [ 編集 ]

ビリーさん

おはようございます。
横川の釜めしが有名になったのも、アプト式の機関車の連結や切り離しのための
長い停車時間があったために横川で売られていた「峠の釜めし」は人気もあり広まったみたいですね。
ここは素晴らしいいコースです。ぜひ来てみてください。
[ 2012/05/11 06:51 ] [ 編集 ]

ちょっと教えてください。

熊の平信号所までコースが延長されましたが、第6トンネルが通れるようになったのですか?
以前は、トンエルは通行止めだったと思いますが・・・・。

写真でも横坑の画がありますものね。

通れるようになったのなら、そこを歩いて見たいです。
[ 2012/05/11 13:06 ] [ 編集 ]

Hasemiさん

こんばんは。
トンネルも整備されて通れるようになっていましたよ。
トンネルは第六のほかにもあと3、4個あったと思います。
[ 2012/05/11 23:19 ] [ 編集 ]

ありがとうございます。
これは是非チャレンジしてみたいです。
[ 2012/05/12 00:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://esu41.blog97.fc2.com/tb.php/784-115fb5f8