Town along the river②




_DSC4743_20120405232832.jpg






_DSC4749.jpg






_DSC5091_20120405235716.jpg






_DSC4757.jpg






_DSC4766.jpg







_DSC4769.jpg






_DSC4773.jpg






_DSC4779.jpg





_DSC4784_20120405233321.jpg






_DSC4801.jpg






_DSC4802.jpg






_DSC4875.jpg






_DSC4914.jpg






_DSC5022_20120405235240.jpg






_DSC5061.jpg





_DSC5112_20120405235716.jpg






_DSC5130.jpg






_DSC5134_20120406001145.jpg






_DSC5154.jpg






_DSC5177.jpg







_DSC5203_20120406001143.jpg




















スポンサーサイト
[ 2012/04/06 00:20 ] ノスタルジア | TB(0) | CM(4)

こんにちは。

何か寂れた感じで、もの悲しく思います。
廃墟ですね。
隆盛を極めた頃は、県内でも1,2を競うくらい人口も多かったと,案内板に書いてあったような記憶があります。

石垣の青緑色の痕ななんでしょうね。
[ 2012/04/06 11:21 ] [ 編集 ]

Hasemi さん

こんばんは。
銅山が閉山した後は寂れて静かな町になってしまいましたね。
私はこんな雰囲気は好きなのですが、住んでいる人にとってはこのまま寂れては死活問題かと思います。今後は世界遺産に登録できて町も活気付くといいですね。
石垣の青緑色の痕は銅が流れた痕みたいですね。
[ 2012/04/06 23:13 ] [ 編集 ]

こんにちは

S氏さんの写真は魅力的で哀愁を感じますが、
足尾というイメージが暗いんですかね。

埼玉の川越に職場があった時は小学6年生の国語の
教科書に田中正造のことがかならず載っていて小学校の
修学旅行は足尾銅山見学と日光でしたけどね。
[ 2012/04/08 15:04 ] [ 編集 ]

ビリーさん

こんばんは。
私の写真では余計にイメージが悪くなってしまいますね。
足尾に限らずに、何処に行ってもそんなところしか目に付かなくて申し訳ありません。
足尾が暗いのではなくて、きっと私の心の中の暗さが写真に出ているのでしょうね。(笑)
[ 2012/04/08 21:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://esu41.blog97.fc2.com/tb.php/766-59b4341d