Town along the river①

_DSC4354.jpg






_DSC4450.jpg






_DSC4470.jpg






_DSC4532.jpg






_DSC4546.jpg






_DSC4563_20120403225437.jpg






_DSC4597.jpg






_DSC4605.jpg







_DSC4639.jpg






_DSC4650.jpg






_DSC4690_20120403225843.jpg






_DSC4696.jpg






_DSC4704_20120403230136.jpg






_DSC4736.jpg












スポンサーサイト
[ 2012/04/03 23:40 ] ノスタルジア | TB(0) | CM(4)

すごい迫力ですね。

こんばんは、足尾ではありませんよね。
お寺の写真に写っているのは無縁仏ですか。

ほんとうにいつも胸に迫るものがありますね。
[ 2012/04/05 00:08 ] [ 編集 ]

ビリーさん

おはようございます。
最近は日曜日には足尾にばかり行っています。
私の所からは遠いので一日では足りないです。
本山の精錬所もすっかり解体されてしまっていました。
繁栄のあとの寂しさを伝えたいつもりでしたが上手くいきません(笑)
[ 2012/04/05 07:00 ] [ 編集 ]

おはようございます。

もしやと思っていましたが、やっぱり足尾でしたか。
見たことのある風景だなぁと思っていました。
製錬所は解体されてしまったのですか。
この奥の松木渓谷を,途中までですが歩いたことがあります。
1人で初めて行ったので、ちょっと怖い感じを受けました。
東洋のグランドキャニオンと言われていますね。
鹿の頭骸骨などもありましたよ。
[ 2012/04/05 08:35 ] [ 編集 ]

Hasemi さん

こんばんは。
周囲をハゲ山にした原因の製錬所も解体されてしまいました。
これは可能な限り残しておいてほしかったです。
足尾は近代日本の歴史に深く関係していて、知れば知るほど興味がわいてきます。
[ 2012/04/05 23:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://esu41.blog97.fc2.com/tb.php/765-4b781726