久しぶりの三連休を遊び倒せ。^^;その②黒部ダム

_DSC1629.jpg
3連休の一日目は西穂独票までトレッキングをしてきました。
そのあとは温泉も楽しみたいという事で、新穂高温泉にある蒲田川荘に宿泊しました。




_DSC1768.jpg
蒲田川荘は昭和の雰囲気がする少し古めの旅館ですが、ノスタルジックな雰囲気が好きな私にとっては、どんな高級なお宿に泊まるよりも楽しい温泉宿でした。



_DSC1759.jpg
何となく昭和の雰囲気がしませんか。(^^)





_DSC1764.jpg
露天風呂のほかにも家族風呂、露天家族風呂などもあってお風呂がたくさんありました。





_DSC1771.jpg




_DSC1753_20111011204313.jpg
古くても掃除の行き届いた小奇麗な部屋。
ちゃぶ台やポットがまた昭和レトロ。・・・何でしょうか、こんな空間が妙に落ち着きます。
食事もとてもおいしく頂きましたが、うっかり写真を撮るのも忘れて全部食べてしまいました。(笑)
私のつぼにはまった宿でした。

ここで一泊して次の日は・・・



_DSC1782.jpg
こんなところに来てしまいました。
本当は上高地の紅葉でも写真に撮りたいと思って行ってみたものの、どこの駐車場も満車で大変な混雑でした。
これは無理だとあきらめて向かった先が黒部ダム。ここは扇沢駅です。
秋の3連休はどこに行っても混んでいて、ここ扇沢も臨時駐車場まで用意するほどでした。


_DSC1783.jpg




_DSC1784.jpg





_DSC1787.jpg
トロリーバス乗り場。
黒部ダムに行くまでは扇沢駅からトロリーバスに乗ってトンネルの中を通ってダムまで行きます。



_DSC1790.jpg
バスとはいっても電気で走る路面電車の様なバスで、電車と同じくバスの上には電線が通っていてこの架線から電気を取り走るバスなのです。



_DSC1794_20111011204843.jpg
このトンネルは今でこそ観光用の路線に使われていますが、当時はダム建設の資材や機械をダム工事現場まで輸送するための重要なルートとして掘られたもので、とてつもない困難を乗り越えて作られたものでした。



_DSC1796_20111011205242.jpg




_DSC1797.jpg
トロリーバスは黒部ダムに到着しました。
到着の度に沢山の人が一斉にバスから降ります。



_DSC1799.jpg





_DSC1802.jpg
トンネルの中を歩いて行くと見えてきました。^^





_DSC1803.jpg
ダムのえん堤の上は沢山の人がいて、皆さんそれぞれにダムを楽しんでいました。
何かこんな雰囲気いいな~。


_DSC1805.jpg
黒部湖遊覧船「ガルベ」が光る水面を気持ちよさそうに遊覧していました。



_DSC1810.jpg
立山連峰。
ここ黒部ダムを起点に行ってみたい所はやはり立山縦走、あと下の廊下~欅平です。
今回はこのどちらかに行くつもりでいましたが、両方駄目になってその結果西穂独票トレッキングになりました。なので、この次こそはこの二つのどちらかに行ってみようと思っています。



_DSC1812_20111011205651.jpg
紅葉もまだ少し早いみたいでした。




_DSC1818_20111011205650.jpg
黒部ダムと言えばこの観光放水。^^
この放水も10月15日までやっていて、ダム自体の観光期間は11月30日までです。
放水バルブの真上のキャットウォークから放水を見れたら凄いんだろうなぁ。なんて妄想してみる。(笑)


_DSC1830_20111011205650.jpg
放水の様子は豪快で気持ちいいですね。



_DSC1836_20111011205650.jpg




_DSC1839_20111011205650.jpg




_DSC1877_20111011210019.jpg
当時の建設現場のタイヤやキャタピラ、作業員の足跡をセメントに写した記念碑



_DSC1891_20111011210019.jpg




_DSC1916_20111011210018.jpg
この巨大なコンクリートバケットは大量のコンクリートを運ぶことができてダム建設には欠かせない道具でした。
谷の両岸に渡された約600mのケーブルに、この巨大なバケット(25トン)を吊り下げ、コンクリートを入れて移動させながら、型枠の中に(一回で9立方メートル)のコンクリートを流し込み、これを繰り返して積み上げてこの巨大なダムに。




_DSC1918.jpg
黒部ダム建設は戦後の電力不足解消のために建設したもので、多くの犠牲者も出し、破砕帯との戦いなど計り知れない困難や絶望を克服して完成した大事業だった事が伺われます。




_DSC1926.jpg




_DSC1936_20111011210018.jpg



_DSC1943.jpg
遠くに白馬岳が見えています。



_DSC1946_20111011210227.jpg

連休の二日目は黒部ダムを散策してから家路につきました。
上高地に行けなかったのは少し残念でしたが、黒部ダムは見所がたくさんあってとても楽しめました。


スポンサーサイト
[ 2011/10/14 00:17 ] アウトドア | TB(0) | CM(6)

こんばんは。

いや~凄いですね。

昭和の香りがぷんぷん漂う、ちょっとレトロな宿。
懐かしい雰囲気ですね。

黒部ダム。
やっぱり凄いです。
自分はまだ一度も行ったことがないのです。
いつかは行ってみたいところの一つです。
紅葉も綺麗だろうなぁ。
[ 2011/10/14 02:36 ] [ 編集 ]

昭和の宿

本当にS氏様のつぼぴったりの宿ですね。
私も行ってみたくなりました。
この3連休はお天気もよく、どこに行っても混雑でした。でも、出かけて正解ですね。黒部ダムから臨む立山・白馬赤牛、どれも見事。素敵な写真楽しませていただきました。
[ 2011/10/14 05:21 ] [ 編集 ]

Hasemi さん

おはようございます。
近代のちょっとレトロな雰囲気の、触れたことがある懐かしさが良い宿でした。
「若い人には好まれなくて」…とおかみさんがこぼしていましたが、私はこういうのは大好きです。
黒部ダムは多分今頃が見ごろだと思います。立山連峰もよく見えて景色も素晴らしいです。
是非行ってみてください。^^
[ 2011/10/14 07:04 ] [ 編集 ]

山猫みーさん

おはようございます。
蒲田川荘は大正や江戸のころからの古さとは違って、昭和の中途半端な古さですが、そんな雰囲気が懐かしい感じがして私は好きです。^^
三連休はどこも混んでいてびっくりしましたよ。
それでもこんな好天、出かけなくてはもったいないですね。
西穂独票は意外と楽して素晴らしい景色を見ることができるので気軽に行けていいと思います。お勧めですよ。
[ 2011/10/14 07:13 ] [ 編集 ]

迫力が違いすぎます♪

こんばんは、やっぱり黒部はキャットウオークもダムの
大きさも川治ダムとはスケールが大違いですね。

それにしてもS氏さんの行動力には驚きの連続です。
写真も良いですね。
[ 2011/10/16 00:04 ] [ 編集 ]

ビリーさん

こんばんは。
私の行動力?はきっと欲で遊んでるだけですよ。(笑)
今は遊んでたツケでクタクタになるまで働くはめになってます。
黒部ダムも巨大ですが川治ダムもかなりの迫力ですよ。
どのダムでも、ダム湖には何か巨大な生物が住んでるような妄想をしてしまいます。(笑)
[ 2011/10/16 01:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://esu41.blog97.fc2.com/tb.php/695-0ff84d1d