とりとめのない写真(昼下がりの窓辺)



_DSC8893.jpg



_DSC8842.jpg



_DSC8851.jpg





_DSC8940.jpg




_DSC8856.jpg



_DSC8878.jpg






_DSC8827.jpg





_DSC8853.jpg




スポンサーサイト
[ 2011/07/06 23:59 ] ツチニカエル | TB(0) | CM(6)

廃屋でしょうか?
大きい家のようですね。

窓越しの風景が良い雰囲気ですね。
2枚目4枚目が良いなぁ。
フィルターが掛かっているような画に見えます。
[ 2011/07/09 12:16 ] [ 編集 ]

古民家みたいな建物懐かしい感じですね
ガラス窓がいいですね
ついこの間まで我が家の1つの建物に
ガラス窓がこうだったんですが~~何かに使えないかと考えたんですが~~
温室を考えて作ってみたものも重たくて、まして屋根の下まで持ってこなくちゃ、残念しました
[ 2011/07/09 18:54 ] [ 編集 ]

Hasemi さん

おはようございます。
これは小学校の分校跡で昭和47年に廃校になったもので、廃校までの62年間僻地での学校として大切な役目を果たしてきた学校跡です。今は朽ちてしまっていますが、形を留めているうちに写真に残しておきたくて行って来ました。
沢山の窓に映る緑が暗い梅雨空の中でも明るく見えて綺麗でした。
[ 2011/07/10 07:09 ] [ 編集 ]

natutubaki さん

おはようございます。
natutubakiさんの家にはこんな素敵な窓があるんですね。私もこのようなものはとても好きなのでうらやましいです。(笑)昔は普通についてた戸板やこうしたガラス窓の建具も今は貴重ですよね。
立てて飾ったり、足をつけて衝立にしたものは良く見かけますが、何か上手い使い道があるといいですね。
[ 2011/07/10 07:27 ] [ 編集 ]

こんばんは!

うわぁ~~!!素敵な被写体ですねぇ~!
寂しいはずの廃校に、何だか温かみを感じます。
それはS氏さんの視線なのか、かつて存在したであろう思い出なのか、それとも自然に溶け込んでいくような風景のせいなのか。
人間の造ったどんなものも、いつかは例外なく土に帰っていくんだと思わせる作品群だとおもいました。
[ 2011/07/10 20:08 ] [ 編集 ]

たびぱぱさん

私もここにきて寂しさよりも温かみを感じました。
だからいる間中とても心地よかったんですよ。^^
何故かとても癒された気がしました。やはり62年もの間子供を見守ってきた建物だからでしょうかね。
地上の物はいつかは土に帰って行き、また新たな命になって地上に戻るんですね。
[ 2011/07/10 21:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://esu41.blog97.fc2.com/tb.php/663-6dd4fe19