佐久橋

DSCF0357.jpg

橋の架け替え工事によって姿を消してしまう1932年(昭和7年)製の「佐久橋」
老朽化による架け替えになるらしい。
現在、隣に橋脚の工事を行っている最中。
佐久橋の姿を見ることができるのも新しい橋が完成するまで。

下路式(主構の下側に桁があり、主構の内部に道路がある構造)で、上部の曲弦が美しい鉛直材入りのワーレン・トラス橋
長野県佐久市にて。



スポンサーサイト
[ 2015/09/07 22:31 ] ノスタルジア | TB(0) | CM(2)

アングルがいいのかも知れませんが、いい橋ですね。

映画やドラマのロケに出て来るような雰囲気で上手に
歳月が過ぎた気がします。もったいないですね。
[ 2015/09/07 23:46 ] [ 編集 ]

ビリーさん

おはようございます。

トラス橋の姿が大好きなのですが、徐々にコンクリートの橋にかわっていて景色から消えてしまうのが残念です。
いずれはこうした橋も見かけなくなってくるのでしょうかね。
[ 2015/09/08 07:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://esu41.blog97.fc2.com/tb.php/1222-1836eced