S&T MG42を使い古したマシンガンにする ⑧

DSC02706.jpg
まだ組んだだけで実射もしてなかったS&TのMG42、バッテリー(7.4Vリポ)を繋ぎ初速を測ってみたところ80m/sでサイクルが毎秒25発でした。
もう少し初速がほしいところです。
一応エアロスのありそうなところは潰したつもりですが、まだどこか対策が必要そうです。






DSC02708.jpg
純正のシリンダーヘッドと純正ノズルのクリアランスがかなりスカスカです。
ライラだったかのステア用のヘッドがあったので、ノズルを通してみたところ純正よりもクリアランスが少なめでした。
これならグリスで気密が取れそうなので使ってみます。





DSC02710.jpg
いったん分解して組み立てたらなぜか更に初速が下がってしまいました。
自分の中ではこれで完璧なはずったのですが、なかなか上手くいきません。(笑)
交換したシリンダーヘッドには問題なさそうなのですが、その後は下がったままです。
年末の時期にこんなものばかりいじってる暇もないのでいったんはここまでですが、年内に決まりをつけておきたかったです。(汗)
これの調整もまた来年に持ち越しです。

また来年不定期に続きます。
スポンサーサイト
[ 2015/12/30 23:58 ] M60&LMG | TB(0) | CM(3)

一輪挿し

DSCF0163.jpg
鉢植えのミニシクラメンの手入れ中にあやまって折ってしまった花を一輪飾りました。
[ 2015/12/30 22:32 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)

After Dark

DSC02688.jpg








DSC02697.jpg









DSC02702_20151228231045a91.jpg







[ 2015/12/28 23:16 ] ある風景 | TB(0) | CM(2)

冬の坂道

P1080758.jpg








P1080767.jpg








P1080808.jpg
[ 2015/12/22 00:09 ] ある風景 | TB(0) | CM(4)

S&T MG42を使い古したマシンガンにする ⑦

DSC02581_20151215225618f54.jpg
仕上げがわざとらし過ぎるマガジンをもう一度塗装し直してみました。
錆びなんかもイメージして、こきたなく使いこんだマガジンにしてみました。
まだわざとらしさが出ている様ですが、面倒くさくなったので、塗装はこれで終了です。
あとは発射サイクルや出力の調整をしていきたいと思います。

また不定期に続きます。(笑)






DSC02524.jpg







DSC02533.jpg







DSC02530_201512152256249de.jpg







DSC02588-HDR.jpg








DSC02599-HDR.jpg







DSC02609-HDR.jpg








DSC02614.jpg








[ 2015/12/15 23:07 ] M60&LMG | TB(0) | CM(4)

サンタさんがやってきた^^

DSCF1536.jpg
(富士フイルムX-T1   SMC TAKUMAR 55mm1.8)







DSCF1546.jpg
とてもかわいらしいサンタさん
那須から我が家にやってきました。^^

手作りのぬくもりに癒されるかわいらしい木の雑貨に出会えます。
「那須で木の雑貨を」kinozakka.blog123.fc2.com
[ 2015/12/13 08:00 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

S&T MG42を使い古したマシンガンにする ⑥

DSC02321.jpg
ハイサイクル化に伴いバレル長も短くします。
バレル長は380㎜に切り詰めて先端部をテーパー加工しました。
それにしてもノーマルバレルはとても長いです。
半分近く切り詰めたかの様な感じで、なんだかもったいないような。(笑)






DSC02324.jpg
バレルはこの状態で本体に取り付けしました。
まだ初速やサイクルも計っていませんが、またのちほど調整します。







DSC02326.jpg
いきなりですが、マガジンを塗装しました。(笑)
元々の黒色も渋いのですが、MG42の緑色のマガジンは昔からカッコいいと思っていたのでこんな色に塗装しました。





DSC02330-HDR.jpg
塗装したマガジンはそのままでは綺麗すぎるので、汚くしてみましたが、黒い上に塗装したので地が出ている周りが黒くふちどりされたみたいになっていまいちです。
それに、調子に乗ってやりすぎたのでわざとらしさが出まくってしまいました。(笑)
これも後にブラストで地を出して黒色を落としてからもう一度塗装し直してから汚く仕上げてみようと思っています。






DSC02351-HDR.jpg
ほぼ組みあがった状態のS&TのMG42です。
まだ組んだだけですが、気に入らないところを手直ししたらメカも調整してみます。
また後で不定期に更新します。






DSC02455.jpg







DSC02485.jpg







DSC02430.jpg







DSC02436.jpg







DSC02422.jpg







DSC02518.jpg







DSC02425-HDR.jpg







[ 2015/12/12 09:20 ] M60&LMG | TB(0) | CM(5)

S&T MG42を使い古したマシンガンにする ⑤

DSC02274_201512082308041a6.jpg

短い休憩時間を使ってガツガツやってるため、作業に夢中になり写真を撮り忘れたり、手が汚くなってカメラを触りたくなかったりで写真が少ないので何の参考にもならないと思いますが、とりあえず写真を載せておきます。


さっそくグリップ型のメカボックスを分解しました。
新品の状態ではまだ試射をしてなかったのですが、トリガーが重くストロークも少ないのでおかしいなと思っていました。
分解してみたら、ベアリングがすべて斜めにはめられていてギヤもいびつになっていました。
トリガーの変な感じには直接関係ないかもしれませんが、これではベアリングやギヤもすぐに壊れてしまいます。
かえって箱だしで試射をやらなくてよかったかも。(笑)
再度ベアリングを入れ直したらギヤを付けてボックスを閉じてみると、とてもスムーズにギヤが回りました。






DSC02311.jpg
ベアリングが斜めのまま無理やり閉じられていたボックスは少し反っていたので、可能な限り面を研磨してみましたが、気休め程度で、ねじを締めるとどうしても変形してしまいます。






DSC02304.jpg
モーターはシステマのモーターをたまたま持っていたので使ってみました。
純正のモーターよりも軸方向の遊びも少なく、ピ二オンの位置も純正のよりもいい位置にくるので調整が楽でした。
ギヤはもらい物の13:1のハイスピードギヤを使いました。







DSC02303.jpg
ボックスを閉じてバッテリーを繋いだら、ギヤを回転させてみて音がおかしくないか、ギヤの遊びはどうか?など確認してみます。
調整自体はうまく出来た様で、軽快に回っていました。^^








DSC02314_20151208234543e6d.jpg
ギヤボックスがよさそうなのでピストンユニットの改良です。
セクターギヤが3枚カットされていたので、ピストンもそれに合わせて全金属歯のピストンを使います。
これももらい物なのでどこ製かはよくわかりません。
ピストンヘッドは純正のはベアリング入りだったので、ヘッドは純正を移植しました。
さらに穴あきシリンダーも昔のたぶんXM177用のがあったのでそれを使いました。
ただし、マルイのはシリンダー長がS&Tのより2..0㎜ほど長いため、2.0㎜ほどグラインダーで削って短くして使いました。
たペットプレート、ノズルはそのまま使いましたが、タペットプレートのスプリングのテンションが強すぎるので、スプリングはマルイ用を使いました。





DSC02291.jpg
横のスライド面がガタガタで引っかかりが数か所あったので、サンドペーパーで慣らして引っ掛かりによる破損の予防をしておきました。






DSC02284_201512082345202a6.jpg
せっかくボックスを開けなくてもスプリングが交換できる仕様なのに、ガイドのブロックが大きすぎて脱着できないので
スプリングガイドのブロックも旋盤で削って、スムーズに脱着できるように改良しました。







DSC02317.jpg
ギヤボックスとシリンダーボックスを合体させて作動を確認してみました。
軽快に動きますがバッテリーが弱くて、サイクルが速いのかよくわかりませんでした。
とりあえず動くことは確認できました。(笑)

また不定期に続きます。
[ 2015/12/09 00:18 ] M60&LMG | TB(0) | CM(0)

Musical instrument

IMGP2657.jpg







IMGP2652.jpg
[ 2015/12/08 21:30 ] ノスタルジア | TB(0) | CM(2)

ある風景(冬の路地③)

DSCF2972.jpg
[ 2015/12/07 22:49 ] ある風景 | TB(0) | CM(2)

ある風景(冬の路地②)

DSCF3011.jpg
[ 2015/12/07 22:46 ] ある風景 | TB(0) | CM(2)

ある風景(Workshop)

DSCF3019.jpg
[ 2015/12/07 22:43 ] ある風景 | TB(0) | CM(2)

ある風景(冬の路地)

DSCF3021-3.jpg
[ 2015/12/07 07:22 ] ある風景 | TB(0) | CM(0)

S&T MG42を使い古したマシンガンにする ④

S&T MG42
細かい部品もブルーイングを終えて、発射ユニット以外のほとんどの部品を組みつけてみました。
ストックのほかにもグリップの部分も汚れた様子を塗装で再現してみました。
バレルは旋盤に銜えてヘアラインを付けてみました。
時に、外観はこんな感じでOKにします。キタナカッコよくなったでしょうか。(笑)
また自己満足の写真をたくさん載せてしまいました。(汗)
外観がほぼ出来上がったので、あとはメカをいじって実銃と同じくらいの発射サイクルにしたいと思っています。

この後メカをいじる編?も不定期に続きます。

IMGP2798.jpg






IMGP2804.jpg







IMGP2796.jpg







IMGP2666.jpg







IMGP2684.jpg







IMGP2688.jpg








IMGP2682.jpg







IMGP2748.jpg










IMGP2782.jpg







IMGP2709.jpg








IMGP2729.jpg
[ 2015/12/03 23:54 ] M60&LMG | TB(0) | CM(2)