by the window


_DSC4551_20120730070518.jpg






_DSC4549_20120730070518.jpg
スポンサーサイト
[ 2012/07/30 07:13 ] ノスタルジア | TB(0) | CM(2)

楽しそうな?コシナのB級レンズ



IMGP0451.jpg
物入れの整理をしていたはずなのに、昔使っていたコシナのCT-1スーパーのレンズが出てきたので、もう片付けどころではなくなってしまいました。(笑)出てきたのは50㎜F2と28㎜F2.8と135㎜F2.8の3本。
レンズが動くかどうか気になっていじっていたら、50㎜と28㎜は問題なさそうでしたが、135㎜の絞が解放のまま動かないことに気が付いたらそのままにしておくのが気持ち悪くて「片づけの最中だけどちょっとだけ。^^;・・・」と分解してみました。




IMGP0430.jpg
簡単に清掃しながら分解してみました。
分解してみたら、絞の羽を戻す方に作用している小さなスプリングが外れていたのでつけたら何とか動きました。





IMGP0434.jpg
外れていたスプリングを戻した様子。
スプリングの止めねじがとても小さくて時計の部品みたい。




IMGP0445.jpg
絞れるようになりました。




IMGP0447.jpg
開放。




IMGP0449.jpg
とりあえずは何とか動くようになった135mm。
絞り羽ににじんでテカテカしていたグリスをエタノールで落としたら動きが悪くなって、たまにコンコンたたかなくては動かない時もあります。また分解して給油しなくては。・・・(笑)




IMGP0458.jpg
このレンズはアダプターを使って富士フイルムのX-pro1に使おうと思っています。
今は18mm、35mm、しか持ってなかったので28mmや50mmも間を埋めるのにちょうどいいかと思いました。
このレンズ自体の写りはあまり期待していませんが、面白く写れば儲けものでしょう。(笑)
って、いじっていたらマウントがペンタックスのKマウントと同じことに気が付いて、着けて見たらそのままついてしまいました。
これどうしょう。・・・(笑)
わぁーまだ片付けが。・・・

[ 2012/07/30 00:51 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)

とりとめのない写真(ノスタルジックなフジフイルムX-系)

FUJIFILM X-100とX-Pro 1
最近、写真を撮っている時間もなく過ごしているので、私にとっての宝物のカメラを撮ったりしてみました。
自己満足ですみません。…(笑)
レンジファインダー風のデザインがとても気に入っています。
昔のミラーボックスなしのカメラを連想するような懐かしい形は味があって良いです。
ダイヤルやシャッターボタンのデザインにもこだわっているので、眺めたり、手に取ったりするのが楽しくなります。
ちゃんとファインダーもついているところが素敵です。
どんないいカメラが出ても、たぶん使い続けてるでしょう。

_DSC2793_20120724233430.jpg




_DSC2809.jpg





_DSC2811_20120724233430.jpg





_DSC8431.jpg




_DSC8440.jpg




_DSC8424.jpg





_DSC8417.jpg





_DSC8393_20120724233901.jpg






_DSC8411.jpg





_DSC8413.jpg
[ 2012/07/25 00:23 ] ノスタルジア | TB(0) | CM(6)

大天井岳 その④

_DSC2589.jpg
ハイマツとダケカンバの緑が綺麗な縦走路。





_DSC2591_20120721062814.jpg





_DSC2593_20120721062814.jpg






_DSC2594_20120721062813.jpg





_DSC2601_20120721062813.jpg
ここまでくれば大天荘もあとわずか。




_DSC2608.jpg
「天城~越え~♪」と、テープレコーダーから聞こえてくる音楽とともに現れたおじさん。(笑)
何だか妙に哀愁を漂わせながら歩く姿が寂しげで、天城越えの歌が妙に合っていて何だかかっこいい。
思わず一緒に歩きたくて「おじさん、一緒に行こう。」と声をかけて大天荘まで一緒に歩きました。
ちぐはぐな4人組は、はたから見ても怪しげな。・・・(笑)





_DSC2613_20120721063140.jpg
お嬢さんも体調が悪いのに今日はとても頑張りました。
ここまでくればあと5分で。いや、10分かも。…(笑)





_DSC2614.jpg





_DSC2623.jpg
大天荘が見えてきました。




_DSC2625_20120721063139.jpg
目印のケルン。




_DSC2629.jpg
今晩の夕食。
今どきの山小屋の食事はおいしい。^^
赤だしの味噌汁は大好物です。まさかここでいただけるとは思いませんでした。




_DSC2631_20120721063514.jpg
大天荘食堂。




_DSC2636_20120721063900.jpg
今回泊まった部屋の様子。
この部屋は運よく個室状態で我々だけでした。
大勢で窮屈に寝る様子を想像していたので、とてもラッキーでした。


_DSC2639.jpg
大天井岳は大天荘のすぐ裏が山頂になります。
昨日は大天荘に到着したら暗くなり始めたので山頂は翌朝に行きました。
早朝から雨風が強く山頂からは何もみえませんした。



_DSC2643.jpg
大天井岳(2922m)三角点。





_DSC2645_20120721063859.jpg
山頂もこんな様子。・・・
前日よりもさらに悪い天候でした。




_DSC2657.jpg
昨日よりもさらに濃いガスが立ち込める中、昨日登ってきた道を戻ります。




_DSC2667_20120721063859.jpg





_DSC2672.jpg





_DSC2674.jpg
雨が激しくて、カメラがもう限界でした。
わずかに撮った帰りの縦走路の写真です。





_DSC2684.jpg
いきなり燕山荘で昼食の写真。(笑)
ここのビーフシチュー、ワインの風味がよくてとてもおいしかったです。
今どきの山小屋の料理って。・・・




_DSC2696.jpg
お昼ごはんを済ませたら支度をして再び出発です。





_DSC2699.jpg






_DSC2701.jpg





_DSC2717.jpg
イワカガミも沢山咲いていました。





_DSC2722.jpg





_DSC2724.jpg
合戦小屋まで下ってきました。
またスイカ食べる?。・・・(笑)






_DSC2725_20120721064711.jpg






_DSC2741_20120721064710.jpg
中房登山口に到着しました。
お嬢さんもお疲れ様でした。^^





_DSC2743_20120721064840.jpg
今回は天気が悪かったけれど、出会いもあったりでとても楽しい登山でした。
あOお嬢さんも最後まで付き合って下さってありがとうございました。
かみさんもとても喜んでいました。^^天城越えのおじさんもまたどこかで会えるといいな。(笑)







[ 2012/07/22 01:18 ] アウトドア | TB(0) | CM(8)

大天井岳 その③


_DSC2387_20120720222341.jpg
蛙岩を過ぎてから少し行くと急な下りが見えてきました。
下った後また同じくらいの高さまで登り返す「大下り」です。




_DSC2390_20120720222341.jpg
また暗くなって雨が降り出してきました。





_DSC2415_20120720222341.jpg





_DSC2419_20120720222341.jpg





_DSC2423.jpg
大天井岳(2922m)が見えています。
細い線のように見えるのが縦走路で、大天井岳を斜めに横切るように登った先には大天荘があります。



_DSC2425_20120720222340.jpg




_DSC2428_20120721000503.jpg





_DSC2430_20120721000502.jpg
一緒に歩いて下さったあOお嬢さん。
コンディションが優れないでいましたが頑張って歩いています。




_DSC2436_20120721000502.jpg





_DSC2438_20120721000502.jpg





_DSC2439_20120721000502.jpg






_DSC2446_20120721000502.jpg





_DSC2453.jpg





_DSC2455.jpg
タカネツメクサ




_DSC2457_20120721000915.jpg





_DSC2464.jpg





_DSC2466.jpg





_DSC2467_20120721000915.jpg







_DSC2474_20120721001217.jpg





_DSC2477_20120721001217.jpg
鎖場を行くかみさんとお嬢さん。
鎖場は難易度はありませんが、油断せず慎重に丁寧に。




_DSC2485.jpg



【こばやし きさく】 1875年~1923年 安曇野市穂高(牧)生まれ。

17歳で猟を始め、同年同郷の先輩であった為右衛門に案内され槍ヶ岳の山頂に立つ。この後北アルプス付近をくまなく歩きガイドとして活躍。当時4、5日かかっていた中房温泉から槍ヶ岳の縦走路をわずか1日で行くことができる新ルート「喜作新道」を開拓。
(http://www.city.azumino.nagano.jp/yukari/)安曇野市より




_DSC2498_20120721001217.jpg





_DSC2502.jpg





_DSC2510.jpg






_DSC2514.jpg





_DSC2517_20120721001610.jpg





_DSC2520_20120721001609.jpg





_DSC2534.jpg





_DSC2535.jpg





_DSC2541.jpg





_DSC2545.jpg
分岐の道標。

その④へつづく。
[ 2012/07/21 00:59 ] アウトドア | TB(0) | CM(2)

大天井岳 その②



DSC2153.jpg
燕山荘の手前あたりで出会ったお嬢様。
一人で縦走に来られていましたが、行く方向が同じということで、折角一人旅を楽しんでいたのに半ば強引に誘って、「どうせ同じ方向に行くのだからいいじゃん」てな感じで。。。我々夫婦と同行していただきました。
顔見せできないのが残念ですが、可愛らしくて気だての良いお嬢さんです。^ー^
いつもバカ夫婦二人の珍道中ですが、今回は美白なお嬢様も加わって?、バカ夫婦ぶりにもますます拍車がかかっていたような気がしました。あOさん、貴重な休日だったのにごめんなさいね。(笑)









_DSC2202_20120719231039.jpg
燕山荘のテラスのテーブルを借りて昼食を取りました。
外は風が強くて冷たいので少し辛いですが、そんな中で食べるカップラーメンがとてもありがたく思えました。
食べた後少し休んで大天井岳を目指して出発しました。







_DSC2211_20120719233124.jpg






_DSC2231.jpg
コマクサが所々で咲いています。





_DSC2288.jpg
ハイマツ林の中を続く表銀座縦走路。





_DSC2248.jpg
晴れていればきっと素晴らしい眺望だったのでしょうね。・・・




_DSC2308_20120719235509.jpg
蛙岩。





_DSC2328.jpg
ここら辺は動物の形に見えるような奇岩が沢山点在します。
見かたによってはいろいろな物や表情にも見えるので面白いです。





_DSC2329.jpg







_DSC2336.jpg






_DSC2338_20120720000140.jpg





_DSC2343.jpg







_DSC2367.jpg




_DSC2368_20120720003331.jpg
尾根歩きは気持ちがいいですね。^^
一瞬でも、晴れ間から景色が見えると「ああ、来てよかった。」と思えてきます。




_DSC2375_20120720003331.jpg





_DSC2377.jpg





_DSC2378_20120720003330.jpg






_DSC2382_20120720003330.jpg





_DSC2385_20120720003330.jpg
しばらくガスの切れ間に撮ることができた縦走路の様子を貼ってみました。
その③につづく。

[ 2012/07/20 00:43 ] アウトドア | TB(0) | CM(6)

大天井岳 その①


_DSC2068.jpg
2012年7月14日~15日合戦尾根経由で大天井岳に行ってきました。





_DSC2069.jpg
朝2時頃に到着しました。駐車場はすでにほぼ満車状態で埋まりつつありましたが、第二駐車場にわずかなスペースがあったので何とか入ることができました。
いきなり始まる急登へのウォームアップにはちょうどいい?駐車場からの登山口までの歩き。




DSC2071.jpg
早朝の登山口には沢山の人がいました。
登り口には綺麗なトイレと日帰り温泉の施設があります。
憧れてた表銀座縦走コースを歩くことができると思うと嬉しくてたまりませんが、あいにくの天気で登山口に入ったころからすでに怪しげな空模様でした。





_DSC2083.jpg






_DSC2086_20120716220616.jpg
第一ベンチは登山口から1km登った所で水場もあります。






_DSC2095_20120716221111.jpg
時折明るく日が射したりもするので少し期待してみたりもしますが。・・・





_DSC2100.jpg
荷揚げ用ケーブルの鉄塔。
ケーブルが動いているので「ゴトゴト・・ゴロ、ゴトゴト・・」と音がきこえてきます。
この音が大きく聞こえてくると鉄塔が見えてきて、そのすぐ先が第二ベンチになります。





_DSC2102_20120716221110.jpg
第二ベンチから燕山荘まであと3.8km。





_DSC2112.jpg






_DSC2117_20120716221110.jpg
大きな岩がゴロゴロしている所が見えてきました。
合戦小屋まであと少し。
このあたりからだんだん開けてきて周りがよく見えてきます。





_DSC2120 (2)
合戦小屋に到着しました。
この頃はすでに雨の中。





_DSC2123.jpg
雨に打たれて体も冷えていましたが、ここの名物でもあるスイカはやはり外せません。
寒くてスイカの気分ではありませんでしたが、つい食べてしまいました。
最近パインまで置いてあるではありませんか。凄いなぁ^^今度来たときはマスクメロンでも売っていたりして。(笑)





_DSC2141.jpg
雨だけではなく、ガスも出てきて景色は全く見えなくなりました。





_DSC2145.jpg
沢山咲いているシナノキンバイも霧の中。





_DSC2146_20120716224309.jpg
7月の中旬でも雪がこんなに残っていました。





_DSC2148.jpg
雨風で写真が所々撮れませんでしたが、燕山荘にとりあえず到着しました。






_DSC2163_20120716224309.jpg
めまぐるしく変わる天気の中、一瞬ガスの切れ間に撮れた写真です。






_DSC2164.jpg






_DSC2165_20120716224525.jpg






_DSC2177.jpg






_DSC2202.jpg
燕岳もガスの切れ間から見え隠れしていました。





[ 2012/07/17 07:13 ] アウトドア | TB(0) | CM(5)

とりとめのない写真(登山の後の洗濯物やら・・・)


久しぶりの連休は登山を楽しんできました。
天候が悪くて雨具もフル稼働していたので、家に帰ってからはご覧の通り洗い物や洗濯物やらでベランダは足の踏み場もなくなってしまいました。(笑)
連休最後の日が晴れててよかった。^-^

_DSF0011.jpg







_DSC2645.jpg






_DSC2667.jpg






_DSC2586.jpg







_DSF0014.jpg





_DSF0018.jpg






_DSF0021.jpg






[ 2012/07/16 15:52 ] アウトドア | TB(0) | CM(2)

美しいトタンの壁と雨の花




_DSC8426.jpg





_DSC8428_20120710065400.jpg






[ 2012/07/09 22:53 ] | TB(0) | CM(4)

とりとめのない写真(梅雨の晴れ間)


_DSF1974.jpg






_DSF2003.jpg






_DSF2004.jpg





_DSF2009.jpg






_DSF2038.jpg





_DSF2059.jpg






_DSF2086.jpg






_DSF1932.jpg






_DSF2111.jpg






_DSF2175.jpg






_DSF2199.jpg






_DSF2100.jpg
[ 2012/07/09 22:25 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)

雨の花②

_DSC8123_20120704233518.jpg





_DSC8128_20120704233517.jpg






_DSC8134_20120704233517.jpg





_DSC8153.jpg





_DSC8158.jpg






_DSC8165.jpg





_DSC8168.jpg






_DSC8175.jpg






_DSC8180.jpg




[ 2012/07/06 06:49 ] | TB(0) | CM(6)

雨の花




_DSC8064.jpg





_DSC8081_20120704232444.jpg





_DSC8093_20120704232444.jpg






_DSC8113.jpg






_DSC8118.jpg





_DSC8120.jpg





[ 2012/07/04 23:52 ] | TB(0) | CM(2)

とりとめのない写真(雨のわさび農場)


梅雨空のあいにくの天気の安曇野大王わさび農場です。
大町に用があったのでついでに立ち寄ってみました。
晴れていればまた違っていた景色ですが、雨に濡れた草木の様子もいいものですね。

_DSC8199.jpg






_DSC8201.jpg






_DSC8225_20120701232959.jpg






_DSC8231.jpg






_DSC8240_20120701232959.jpg







_DSC8243.jpg







_DSC8246.jpg






_DSC8266.jpg







_DSC8280_20120701233401.jpg






_DSC8309.jpg






_DSC8312.jpg






_DSC8315.jpg






_DSC8316.jpg






_DSC8319_20120701233642.jpg







_DSC8320.jpg






_DSC8323.jpg







_DSC8341_20120701233641.jpg







_DSC8379_20120701233842.jpg





[ 2012/07/02 00:20 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(8)