とりとめのない写真

夕暮れ時
出先からもどる途中の夕方の空。
久しぶりに夕陽を見れたので、車の中から仕事用のカメラでパチリ。
日も短くなってきたので一日が短く感じる様になってきました。
それにしてもW90の写りはトイカメラ並みの様な・・・^^;



tiltshift_.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/09/30 23:52 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(6)

とりとめのない写真

_DSC1465_.jpg




_DSC1506.jpg





_DSC1516_.jpg




_DSC1530.jpg





_DSC1503_.jpg
[ 2011/09/28 23:42 ] ノスタルジア | TB(0) | CM(6)

とりとめのない写真(白池と五月池)

白池と五月池
蓮華温泉の途中にある二つの池です。
白馬岳登山の帰りに寄ってみました。
ブナや楓に囲まれた池の周りは遊歩道になっていて、周囲を散策出来る様になっていました。
澄んだ森の空気の中、遊歩道を歩いてみました。
とても気持ちのいい朝の散歩でした。
白池、五月池は新緑の鮮やかな緑も、水面に映った秋の紅葉も、きっと美しいと思います。
そんな時期にもまた訪れてみたい場所です。




_DSC1283.jpg





_DSC1285_20110923002006.jpg





_DSC1274_.jpg





_DSC1293.jpg





_DSC1309.jpg





_DSC1314.jpg





_DSC1358_20110923002453.jpg





_DSC1368.jpg
[ 2011/09/23 01:08 ] アウトドア | TB(0) | CM(8)

Apartment Station


_DSC1388.jpg





_DSC1377_.jpg




_DSC1386.jpg




_DSC1394.jpg




_DSC1389.jpg




_DSC1385_.jpg

[ 2011/09/19 23:47 ] ツチニカエル | TB(0) | CM(6)

古いアーチ橋

昭和28年に作られた古いコンクリートの橋。
アーチの構造が見える美しい橋です。

_DSC1482.jpg



_DSC1488_.jpg



_DSC1525.jpg



_DSC1523.jpg




_DSC1498.jpg
[ 2011/09/19 23:08 ] ノスタルジア | TB(0) | CM(4)

白馬岳登山その③小蓮華山ー白馬岳ー蓮華温泉

_DSC1065.jpg
小蓮華山を過ぎたら次のポイントは三国境までは約30分。
緩やかな稜線をひたすら歩いていきます。


_DSC1072_20110917065538.jpg




_DSC1075_20110917065537.jpg
斜めに登っている道の付いた山の左先に山頂が見えるはずなのですが、ガスでなにも見えません。




_DSC1077_20110917065537.jpg





_DSC1081.jpg




_DSC1086.jpg





_DSC1099.jpg





_DSC1106.jpg
三国境にやってきました。
新潟、富山、長野の3県の境であり、雪倉岳や朝日岳方面の分岐でもあります。
ここから白馬岳まではあと1時間ほどのはずですが、私は少し高山病にかかったみたいで、頭が痛くて気持ちが悪く、しまいには足までつり始めてきました。なんかもう最低です。・・・(笑)



_DSC1107_20110917070218.jpg




_DSC1109.jpg
なかなかペースを上げることのできない私とは対照的にすっかり元気になったタイトは相変わらず、富山から来られた優しい夫婦と一緒にあんなところで余裕の休憩をしていました。^^;
今の時点でヘたれはタイトではなく私になりました。(笑)



_DSC1112.jpg





_DSC1114_20110917070217.jpg




_DSC1118.jpg



_DSC1119.jpg





_DSC1121.jpg





_DSC1125.jpg
タイトの後ろをついて行く。
あーまだあんなところを登るんだ。・・・
「ねえーあと何分?」と言いたいのは私でした。・・・(汗)




_DSC1126_20110917070511.jpg





_DSC1131.jpg





_DSC1133_20110917070511.jpg
崖状の山頂が見えて気ました。



_DSC1135.jpg
時刻は午後2時27分白馬岳山頂(2932m)到着。
タイトもよく頑張りました。
この日、子供はタイトのほかには見かけませんでした。  タイトお前、なにげにスゲーな。(笑)

少し山頂にいましたが何も見えないし、これから来た道を戻らなければならないので、これで下山します。
写真を撮るのも忘れて早歩きで黙々と下りて行きます。
時間も時間なので当たり前ですが、下りは白馬山頂の手前を過ぎたあたりから最後まで誰とも会いませんでした。こんな大きな山で誰とも会わないのも、何か不思議な感じでした。
6時くらいには蓮華温泉に到着したかったのですが、実際に着いたのは7時30分ごろになってしまいました。
途中天狗の庭を過ぎたあたりから雨に降られて、いつの間にかあたりも暗くなって、ライトなしに歩けなくなりました。そこでリュックからヘッドランプを取り出してみんなで装着して下りました。
最近のLEDはすごく明るくて感動ですね。暗闇の樹林帯をとても明るく照らしてくれました。
これを持っていなければ多分ビバークする羽目になっていたでしょう。(汗)
ヘッドランプなんて普段はただの荷物ですが、この時ばかりは持っていてよかったとつくづく思いました。
雨でカメラをザックにしまい込んだので夜道の写真が一枚もないのが残念ですが、歩いてる時はそれどころではありませんでしたね。
タイトも白馬岳を登頂出来て、雨降りりの夜道を下山して、普段なかなか味わえない事を体験出来て良かった?と思いました。(笑)
それにしても白馬岳日帰りは少しきつかったかな。・・・




_DSC1170.jpg
ロッジの部屋。
蓮華温泉ロッジに着いたら3人とも玄関に座り込んでしばらくは動けませんでした。(笑)
そんな我々にも色々と親切にしてくださったロッジの皆さんありがとうございました。
とてもアットホームで何度も行きたくなるロッジです。^-^

_DSC1210.jpg





_DSC1216_20110918063644.jpg




_DSC1228.jpg




_DSC1232.jpg






_DSC1173.jpg
次の日の朝。
タイトはとても寝相が悪いです。(笑)
                            おわり
[ 2011/09/18 00:46 ] アウトドア | TB(0) | CM(6)

白馬岳登山その②白馬大池~小蓮華山

_DSC0904.jpg
天狗の庭に着いたのが7時50分ごろでした。
4時50分ごろから登り始めたのでここまで3時間。普通なら1時間40分程の区間なので倍近く時間がかかりました。
まだしばらくは急な登りも続くので大丈夫でしょうかね。(笑)




_DSC0916.jpg
もうガスが上がり始めてきました。
この時期は朝一でもなければ、遠くの眺望は期待できませんね。


_DSC0919.jpg
随分開けてきました。白馬大池はもうすぐそこのはず。



_DSC0929.jpg




_DSC0933.jpg




_DSC0934.jpg
たくさんのチングルマの向こうに白馬大池山荘が見えました。
時刻は午前9時10分、やっと大池にやってきました。


_DSC0938.jpg




_DSC0945.jpg
大池というだけあって本当に大きい池でした。
時間が押してるので本当はそのまま通過したいところなのですが、ここでしばらく休憩をとって池のほとりを見て歩きました。


_DSC0946_20110914230716.jpg
あんなにヘたれてたのに、こんなところで騒ぐ元気はあるみたいなので心配したことはないみたい。(笑)



_DSC0951_20110914230715.jpg
水が透明でとても綺麗です。


_DSC0975.jpg



_DSC0981.jpg
ガスが常に上がってきていて、山の姿が見えるのもほんのわずか。
雪倉岳も見え隠れしていました。


_DSC0986_20110914230715.jpg
白馬大池を後に雷鳥坂を行く。



_DSC0989.jpg
池に着くまではあんなにヘタレていたタイトは、いつの間にかとても元気になって余裕で歩けていました。
子供の体力はよくわかりません。・・・^^;




_DSC0990_20110914231205.jpg
眼下には白馬大池が見えています。
緩やかな登りですが、こうしてみると意外と登った感じがしました。



_DSC1002_20110914231205.jpg
ずっと続いている稜線。
晴れていたらきっといい景色だったのでしょうね。


_DSC1006.jpg




_DSC1015.jpg
小蓮華山への尾根道。





_DSC1017.jpg




_DSC1018.jpg
雲を食べてる?らしいです。・・・



_DSC1020.jpg





_DSC1024.jpg
元気がよくなったら我々よりも先を歩き、私たちが到着するまで休んでいるこの余裕。?・・・(笑)





_DSC1029_20110914233614.jpg




_DSC1032.jpg
後半の足取りの軽さは、登り始めのあの様子からするとまるで別人。





_DSC1034_20110914233949.jpg




_DSC1036.jpg
時折ガスが濃くなる中、タイトを見守りながら歩く私のかみさん。




_DSC1048_20110914233949.jpg





_DSC1050.jpg
道中いつも一緒になる富山から来られた夫婦に良くしてもらって、いつのまにか私たちから乗り換えてちゃっかりと一緒に歩いているタイト。なんて現金な奴・・・┐(´ー`)┌
タイトの子守をして下さってありがとうございました。


_DSC1051_20110914234358.jpg




_DSC1053_20110914234358.jpg



_DSC1054_20110914234358.jpg




_DSC1056_20110914234358.jpg




_DSC1059_20110914234357.jpg



_DSC1061.jpg
ガスの中、山の形もよくわからないままにいつのまにか小蓮華山山頂到着。
時刻は午前11時55分でした。  その③へ続く。









[ 2011/09/17 00:01 ] アウトドア | TB(0) | CM(4)

白馬岳登山その①蓮華温泉~天狗の庭



_DSC0720_20110912214057.jpg
2011年9月10日 白馬岳登山に行ってきました。
蓮華温泉登山口ー小蓮華山ー白馬大池ー白馬岳のルートです。
休みが2日のみなので、登山は一日で済ませて温泉に泊まって次の日はゆっくり帰る予定の登山でした。

前日の夜、仕事を終えてから慌てて仕度を済ませて蓮華温泉登山口に車を走らせる。
駐車場に到着したのは朝3時近く、仮眠をしておきたかったのですが、寝ることが出来ないまま目を閉じていました。
結局、寝てる間もないうちに夜が明けて来たので登山開始です。



_DSC0730_20110912214057.jpg
今回も我々夫婦と、クーの飼い主のタイトも一緒に白馬岳を目指しました。
タイトは前回八ヶ岳の硫黄岳を一緒に登った小学4年生。
今回は白馬日帰り&蓮華温泉一泊の予定です。
白馬岳の山頂に立つことができればかなり自慢にもなりますね。
最後まで頑張ることができるのでしょうか。(笑)

_DSC0731.jpg
蓮華温泉から白馬岳に行くには、まず小蓮華岳を越えてから行くことになります。



_DSC0736_20110912214056.jpg
登山道は石がゴツゴツと埋まっていました。



_DSC0739.jpg




_DSC0742_20110912214056.jpg




_DSC0743_20110912214612.jpg
蓮華温泉ロッジが小さく見えています。



_DSC0746_20110912214612.jpg



_DSC0758_20110912214611.jpg
最初からペースが落ちてすぐに止まってしまうタイト。
登り始めたばかりなのに全くペースが上がらず、というよりも全く進まない。(笑)
すでに1時間以上のロス。こんな調子では白馬大池にすらたどりつかない予感。
なだめながらだましだまし歩かせるもののすぐに座り込んでしまう。
行ける所まで行って駄目なら下りてくればいいと思っていましたが、リタイヤにはまだ早すぎはしませんか。(笑)



_DSC0766_20110912214611.jpg
朝日岳方面の山々が見えています。



_DSC0784_20110912214610.jpg




_DSC0809_20110913070016.jpg




_DSC0810.jpg
大きなダケカンバがたくさんありました。
どれも枝ぶりが豪快な姿でした。




_DSC0813.jpg



_DSC0834.jpg



_DSC0840.jpg




_DSC0845_20110913070834.jpg



_DSC0852.jpg



_DSC0854.jpg
盆栽の樹姿のお手本の様な姿の木がたくさんありました。
厳しい環境の中で自然に出来上がった木の姿は、下界では絶対に見ることのできない息をのむような神秘的な姿でした。


_DSC0856_20110914000609.jpg
やっと天狗の庭にやってきました。
タイトは「あとどれだけ。?何分。?」と口癖のように問いかけてきます。あと何分って・・・(笑)
すでに凄い時間のロスでしたがこの先は急登な登りが続くので心配です。大丈夫か。…その②に続く













[ 2011/09/14 07:19 ] アウトドア | TB(0) | CM(12)

とりとめのない写真(念願の山頂)



下界ではまだ暑さの残る中、アルプスではもうすでに秋が始まっていました。^^

_DSC1133.jpg
[ 2011/09/12 21:30 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(10)

とりとめのない写真(月とうろこ雲)

月とうろこ雲
月のあかりに照らされながら、うろこ雲がゆっくりと動いていました。
虫の音もにぎやかな秋の夜長、こうして月を眺めてるひと時が好きです。

_DSC0706.jpg
[ 2011/09/08 21:47 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(6)

とりとめのない写真

_DSC0688_20110907000124.jpg
台風の過ぎた後の夕暮れ時の空

台風が連れてきた雲たちがまだ残った空に浮かんだ月
そろそろ夜風も肌寒くなってきた。



[ 2011/09/07 00:16 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

Cafe towa (カフェ トワ)

私の友人でもありお客でもある方が、このたび念願かなって小さなカフェを開店しました。^-^
以前からずっと考えていた夢が叶ってよかったですね。
私も、隠れ家的な場所ができたみたいで仕事をさぼってまったりできそうな場所ができて、(汗)なんだかとてもうれしいです。


別荘地の涼しげな雰囲気の中の小さなカフェの売りはタコスとタコライスです。

タコスのトルティーヤは薄く伸ばして焼いてあり、香ばしく歯ごたえの良い食感。
ひき肉がたくさんの具にはレタスも入っていて、シャッキリとした食感がいいアクセントになってます。^^

タコライスは(たこめしではありません)タコスの具をご飯に載せた沖縄料理です。
ご飯の分だけタコスよりもボリュームがあるので、とてもおなかのすいてる時にはタコライスですね。

小さなカフェですが、とてもたくさんの可愛らしい小物やレトロな雰囲気の空間は居心地も良くて時間を忘れてつい長居をしてしまいます。(笑)

カフェトワ
西軽井沢 平和産業工場手前
毎週 金・土・日 曜日の午前11時より午後6時まで営業



_DSC0601_20110904203251.jpg




_DSC0598_20110904203253.jpg




_DSC0444.jpg




_DSC0450.jpg




_DSC0452.jpg




_DSC0454.jpg




_DSC0458.jpg




_DSC0464.jpg





_DSC0467.jpg





_DSC0469.jpg





_DSC0474.jpg




_DSC0506.jpg




_DSC0520_20110904202631.jpg




_DSC0525_20110904202630.jpg




_DSC0532.jpg




_DSC0466.jpg




_DSC0538.jpg




_DSC0542.jpg




_DSC0544_20110904202953.jpg




_DSC0549.jpg




_DSC0552.jpg




_DSC0555_20110904202952.jpg




_DSC0557.jpg




_DSC0565.jpg




_DSC0625_20110904203543.jpg




_DSC0627_20110904203543.jpg




_DSC0632.jpg




_DSC0646.jpg





_DSC0653.jpg




_DSC0656_20110904203831.jpg



_DSC0652.jpg




_DSC0657.jpg




_DSC0662.jpg




_DSC0664.jpg



_DSC0665.jpg



_DSC0667.jpg




_DSC0670_20110904204138.jpg




_DSC0674_20110904204138.jpg



_DSC0678.jpg




_DSC0686.jpg











[ 2011/09/04 23:59 ] カフェ トワ | TB(0) | CM(8)