とりとめのない写真(クーちゃんだよ^^)

今日から二日間、甲斐犬のクーを遊びに行った先の飼い主が不在なのをいいことに勝手に拉致して・・・(汗)預かることになりました。^^;
まだしつけはされてはいないから何処でも排泄して歩くので、あとを拭いて歩くのが大変ですが。・・・
今は小さくてコロコロしていてとてもかわいらしいです。中型犬なのでこれからだいぶ大きくなると思います。
甲斐犬は賢くて飼い主に忠実な性格、まだ2カ月のクーですがこれからの成長が楽しみです。
こうしていると自分も犬が飼いたくなってきます。




_DSC8191.jpg



_DSC8193.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/05/29 21:36 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(8)

とりとめのない写真(草を生けてみた)

_DSC8126_20110527222654.jpg
ハナダイコン(諸葛采)とイヌガラシ(多分)が会社の周りにたくさん咲いていて綺麗でした。^^



_DSC8141.jpg
たまには野草を生けるのも悪くはないなと思い、少し採って来て生けてみました。
小さな一輪ざしに飾ってみました。
派手ではありませんが存在感もあり、とても好みの感じになりました。



_DSC8183.jpg
諸葛采
三国時代「蜀」の軍師諸葛亮が広めた由来からこの名前がついたらしいのですが、諸葛亮が広めたのは大きなカブだったと聞いています。これも食べられますが、前線の数十万の兵士の食糧としては大きなカブの方が現実的ですね。
花とは関係ありませんが、諸葛亮でつい連想するDVD「三国志Three Kingdoms」見応えがありました。^^
とにかく長い物語なので、ほぼ毎日一話ずつ見て数か月楽しめました。またしばらくしたら見返してみたいです。




_DSC8169.jpg


_DSC8170.jpg
ケンコーフイルターフォギーBを使えばまるで霧の中。・・・



_DSC8185_20110529104414.jpg



色や大きさも違いますが、同じアブラナ科の花。
相性はいいですね。
[ 2011/05/29 10:35 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(6)

とりとめのない写真(庭の花も雨にぬれて)

降りだせばまるで梅雨の様な雨が続く近頃の天気。
庭の花も雨にぬれてみずみずしく咲いていました。日曜日に降る雨、私の唯一の休みを休みにさせるこの雨も植物はきっと喜んでいるんでしょうね。(笑)
ツツジが今年もたくさん咲きました。
白い藤の花が甘い香りを漂わせて咲いています。
芝桜は花が長く楽しめて良いです。




_DSC8095.jpg





_DSC8098_20110523235739.jpg





_DSC8123.jpg





_DSC8107.jpg





DSC00910.jpg





_DSC8114.jpg




_DSC8117.jpg




DSC00907.jpg




DSC00905.jpg




DSC00903.jpg



_DSC8119.jpg
[ 2011/05/24 00:18 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

赤岳トレッキング(2011年5月14日)その②

_DSC7643_20110517234825.jpg
稜線に出てしまえばこの先は赤岳天望荘と赤岳頂上小屋の二つの小屋があります。
赤岳頂上小屋はまだ営業していないので、その手前の赤岳天望荘に泊まることにしました。
頂上小屋が営業してたとしても、風がとても強くて冷たくて顔が痛いくらいだったので、たぶん赤岳天望荘に泊まっていたことでしょう。^^;
5月も中旬くらいでも山の天気は下界とは違います。

_DSC7644.jpg
赤岳天望荘と赤岳。
赤岳の姿は横岳方面から見た姿が私は一番好きです。




_DSC7646.jpg
赤岳、中岳、阿弥陀岳。



_DSC7648_20110517234551.jpg



_DSC7650_20110517234551.jpg
赤岳展望荘まであとわずか、



_DSC7676_20110517235309.jpg
赤岳天望荘に着き入口を開けようとしたら管理人さんが先に開けてくれて  
私「泊まりでお願いしたいのですが。・・・」  管理人さん「寒かったでしょう。受け付けはあとでいいから先に部屋に荷物を下ろして食事ができるまで中で暖まってて。」「受け付けはお腹がいっぱいになった後でいいから。」・・・
と優しい気遣いが嬉しかったです。
お言葉に甘えてこたつのある広間で休ませてもらいました。^^

_DSC7792.jpg
部屋はたくさんあります。
まだこの時期は泊まりの人は少なめでしたが、山開き後の夏山シーズンはもっと賑わうのでしょうね。



_DSC7661.jpg
夕食はバイキング方式です。
カレーライスが嬉しくて食べてしまってから写真を撮っても。・・・(笑)
おでんやタラの芽の天ぷらなどたくさんのご馳走です。。^^
夕陽に染まる山々を眺めながらの夕食はとてつもない贅沢なひと時でした。



_DSC7685_20110517235309.jpg




_DSC7686_20110517235309.jpg



_DSC7689_20110517235308.jpg



_DSC7693.jpg
夕暮れ時のひと時に外に出て写真でも。・・・と思い外に出ては見たものの、強風と寒さで数分と持たずさっさと撤収してしまいました。((((;゚Д゚))))
普段は寝不足なのでこんな時は早寝をしておこうと思い8時前には寝てみたものの、強風の音やらトイレに行く音やらで結局ほとんど寝れなかった状態で朝を迎えました。
おかげで日の出前には外に出て、ご来光を見ることができましたが。…(笑)





_DSC7715.jpg
夕陽も見れたし朝日も見れてなんて贅沢なんだろう。
こんな景色を見ることができるのも、開けた稜線の上に立つ山荘ならではですね。
天気のいい夜は星も綺麗なんでしょうね。



_DSC7757.jpg
ご来光。



_DSC7766.jpg




_DSC7771.jpg




_DSC7776_20110518000118.jpg



_DSC7779.jpg




_DSC7798.jpg
朝ごはんも食べて仕度が済んでいよいよ赤岳に登ります。
といっても赤岳天望荘から赤岳山頂までは僅かですが。…(笑)



_DSC7801.jpg



_DSC7806.jpg
天望荘から赤岳山頂までは距離は長くないですが、急な登りです。
少し歩いただけで赤岳天望荘が小さくなっていきます。


_DSC7814.jpg




_DSC7845_20110518000646.jpg



_DSC7859.jpg

ここまで来れば頂上もあとわずか。
赤岳から見た八つの山々の眺めは最高です。^^


_DSC7901.jpg
赤岳山頂の様子。
早朝はまだ人が少ないけれど、あと数時間もすればたくさんの人で山頂は賑わうでしょう。

_DSC7917.jpg



_DSC7921.jpg




_DSC7926.jpg
赤岳(2899m)山頂。
記念にパチリ。


_DSC7930.jpg
登った後は下るだけ…
少しさびしい気がして阿弥陀岳経由で、…それがだめならせめて中岳経由で帰ろうよとかみさんに進言するも、家に帰ってから私のための「明日からのお弁当の食材の買い出しをしなくてはいけないのでダメ。」とあえなく却下されてしまい私はおとなしく従うのみでした。・・・(汗)



_DSC7943.jpg




_DSC7955.jpg




_DSC7958.jpg




_DSC7964.jpg
権現岳(2715m)と南アルプス。



_DSC7975.jpg





_DSC7976_20110518001748.jpg
中岳と阿弥陀岳(2805m)。



_DSC7977.jpg
帰りは文三郎尾根から。・・・



_DSC7983.jpg




_DSC7988.jpg





_DSC7991_20110518002206.jpg




_DSC7994.jpg



_DSC7996.jpg
梯子を過ぎてすぐの所でアイゼンを装着しました。
靴だけでもなんとか下れそうでしたが、無理して危ないまねをするよりも面倒でも付けて安定感のある下りの方がいいと思いました。
そういえばトゲトゲ(アイゼン)はこれが今年初です。今年初が残雪の下りでとは。・・・(笑)


_DSC8003.jpg
鷽みたいですね。
すぐ近くに行っても逃げないので口笛でしばらく話をしました。
なかなか上機嫌に話をしてくれました。
私鳥と話せる?んです。(笑)・・・ぷー


_DSC8019.jpg




_DSC8032.jpg
下りはあっという間に行者小屋に着きました。



_DSC8040.jpg
せっかくなので?いつものお茶セットで一服。・・・
抹茶ラテで至福のひと時。(´ー`)

_DSC8051.jpg
樹林帯の中を鳥たちのさえずりを聞きながら。・・・


_DSC8058.jpg



_DSC8073.jpg



_DSC8075.jpg
沢のせせらぎも聞きながら。・・・


_DSC8079.jpg




_DSC8087.jpg
車を止めて置いた八ヶ岳山荘に戻ってきました。^-^
美濃戸山荘からの車道の歩きが異様に長く感じて、少し飽きていたのでやっと着いた感じでした。^^;
ぁー登山靴脱いだ瞬間って快感。・・・(*゚◇゚)o


_DSC8088.jpg
いつもとは違って結構時間に余裕がありまくった赤岳登山。(笑)
なんだかマッタリしてて良かったです。今度は阿弥陀も行きたいな。・・・ヾ(´ー`* )
[ 2011/05/19 01:01 ] アウトドア | TB(0) | CM(14)

赤岳トレッキング(2011年5月14日)その①

_DSC7441.jpg
前日遅くまで用事があったのでお昼近くになってからの登山です。こんな時間から山に登ることは初めてです。
でも今日は日帰りではないので、気持ち余裕です。^^
八ヶ岳山荘に車を止めさせてもらって(有料/一日500円)赤岳に向かって歩き始めました。


_DSC7444.jpg
美濃戸山荘までは車も通れる林道が続きます。
美濃戸山荘まで約1時間、ウオームアップのつもりで歩きながら体を慣らしていきます。



_DSC7450.jpg



_DSC7460.jpg
新緑の林道を歩くこと約1時間で美濃戸山荘に着きました。



_DSC7461.jpg
ここで南沢と北沢との分岐です。
南沢からまず行者小屋を目指して登りました。




_DSC7463_20110516215040.jpg





_DSC7473.jpg
八ヶ岳らしい石のゴロゴロとした原生林の森の景色が広がります。



_DSC7485_20110516225347.jpg





_DSC7501.jpg
沢に沿ったルートは沢の水の流れるせせらぎを聞きながら歩ける気持ちのいいルートです。



_DSC7509_20110516225346.jpg
樹林帯の中はまだ雪がありました。
アイゼンは持ってきましたが、ここではまだ必要はありませんでした。



_DSC7513_20110516225345.jpg



_DSC7527.jpg




_DSC7553_20110516230617.jpg




_DSC7556.jpg
目の前が開けて良い景色が広がります。
風が強く雲行きが不安でしたが横岳のごつごつした姿は迫力です。




_DSC7549.jpg
行者小屋についたので取りあえずザックを下ろして休憩です。
ここら辺までは高低差も少なくきつい歩きではありませんでしたが、この先からは一気に高度を稼ぐ登りになるので今までよりもさらにきつくなります。




_DSC7557.jpg
行者小屋の目の前には分岐があります。
丁度この分岐の所が水場になっていて急登を登る前の給水ができます。
この分岐から地蔵尾根に向かいました。


_DSC7559_20110516230615.jpg




_DSC7569.jpg




_DSC7577.jpg
外は強い風が吹いていても樹林帯の中は無風状態で快適でした。
雪が腐っていて登りにくい急登は少し辛いです。



_DSC7587.jpg
階段梯子場。



_DSC7590.jpg
中腹辺りから赤岳の姿が見えています。



_DSC7597.jpg





_DSC7605.jpg




_DSC7608.jpg




_DSC7614.jpg





_DSC7629.jpg
尾根の途中にも地蔵様があります。



_DSC7631.jpg
行者小屋が下に見えています。
樹林帯を抜けて稜線近くは風も強くなっています。だいぶ高度を稼いだみたいです。


_DSC7634.jpg




_DSC7635.jpg




_DSC7637.jpg
鎖場。
地蔵の頭まではあと少し。



_DSC7638.jpg
地蔵の頭の分岐の道標が見えました。




_DSC7641_20110517071435.jpg
地蔵の頭に到着。
この先はその②で。・・・
[ 2011/05/17 07:27 ] アウトドア | TB(0) | CM(4)

とりとめのない写真(久しぶりの山)

久しぶりに山を歩きました。
最近忙しくてなかなかできなかった登山ですが、・・・思い切って出かけてよかった。^-^_DSC7774.jpg





_DSC7897_20110516070118.jpg




_DSC7976.jpg


[ 2011/05/16 07:10 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(6)

とりとめのない写真(5月の庭の花)



_DSC7433.jpg
まるで梅雨の様な雨が続きました。
今朝は久しぶりに朝から晴れて雨上がりのしっとりとした朝です。




_DSC7386.jpg
まだ満開とまではいきませんが花カイドウがたくさん咲き始めました。




_DSC7388.jpg
毎年沢山の花を咲かせる花カイドウが好きで、毎年この時期が楽しみです。




_DSC7392.jpg




_DSC7395_20110513230705.jpg




_DSC7397_20110513230704.jpg
木瓜の花。




_DSC7399.jpg
もう少でツツジもたくさん咲きそうです。



_DSC7402.jpg




_DSC7405_20110513230843.jpg




_DSC7383.jpg
三つ葉ツツジの透き通るような紫が綺麗です。




_DSC7406_20110513230843.jpg
ブナの新緑。




_DSC7408_20110513230843.jpg




_DSC7409.jpg
モミジも気がつけばこんなに葉が開いていました。



_DSC7411_20110513231031.jpg




_DSC7412.jpg
ユスラウメ。
今年もたくさん実をつけそうです。



_DSC7416_20110513231031.jpg




_DSC7418_20110513231030.jpg
いかり草。




_DSC7422.jpg




_DSC7427_20110513231030.jpg

ドウダンつつじ。



_DSC7428.jpg




_DSC7429_20110513231147.jpg









[ 2011/05/14 00:38 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

とりとめのない写真(庭の花)


_DSC7367_20110505230612.jpg



_DSC7368.jpg



_DSC7369_20110505230611.jpg



_DSC7370.jpg



_DSC7371.jpg




_DSC7373.jpg




_DSC7374.jpg



_DSC7376_20110505230755.jpg




_DSC7379.jpg

今年の庭にはムスカリがたくさん咲いています。
冬のうちに植えて置いた白色の花も咲いてくれました。こうして出てきてくれると嬉しいですね。

水仙も種類を増やしてみました。
でも一番咲いてほしかった花が出てきませんでした。本当は花弁が白で副花冠が濃い黄色の花を楽しみにしていたのですが、ダメだったみたいです。・・・  今年はまた植えてみようと思っています。

花桃は虫に入られて上部が枯れてしまいました。それでもどうにか下枝は生きていたので、数こそ少ないですが今年も可愛らしい花を見ることができました。

我が家ではさくらも今頃咲いています。^^;
芝桜も満開です。^^





[ 2011/05/06 23:41 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

とりとめのない写真(残雪の小串の索道跡)

_DSC7239.jpg
まだ除雪がされていない小串までの道を歩いて見ました。




_DSC7250_20110503201202.jpg
小串鉱山跡には雪がなくなった頃にまた来ようと思っていましたが、今時期の様子も気になって今回はドライブついでにちょっと寄ってみました。何の準備もなかったのですが、雪の上に乗ってみたら意外と歩けそうだったので鉱山跡の見えるところまで歩いてみることにしました。



_DSC7269_20110503201202.jpg
昨日からの黄砂が凄くて周りが霞んでいます。



_DSC7277.jpg




_DSC7286_20110503201201.jpg





_DSC7290_20110503201201.jpg




_DSC7310_20110503202049.jpg
索道跡
かつては硫黄や物資を運んでいた架空索道の鉄塔だけが風に吹かれて佇んでいる。




_DSC7315_20110503202048.jpg




_DSC7304.jpg




_DSC7299_20110503215001.jpg




_DSC7328.jpg




_DSC7342.jpg




_DSC7349.jpg




_DSC7331.jpg




_DSC7339.jpg
小串鉱山跡
かつてたくさんの鉱山の人々が暮らしていた天空の街の跡は、谷を渡る悲しげな音色の風に吹かれて静かに佇む。




_DSC7343.jpg
まるで屋根破風の様な山。
谷から吹き付ける風を二つに切る時、もの悲しい音色が聞こえてきそうな破風岳。

_DSC7355.jpg
春の芽吹きの嬉しさと何となく心地よい寂しさを感じる景色。
[ 2011/05/04 00:32 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

とりとめのない写真(W90で水の中)

普段仕事用にしている防水カメラW90で水の中を撮ってみました。
防水ではありますが、わざわざ水の中に沈めて撮影したことがなかったのでどんなふうに撮れるのか気にはなっていました。なるほど、こんなふうに撮れるんですね。
画質はあまリよくはありませんが、水面から見た様子とは少し違う見え方が面白いですね。(笑)
これ楽しいかも。^^・・・


IMGP0855.jpg





IMGP0919.jpg




IMGP0876.jpg




IMGP0864.jpg






IMGP0868_20110502060141.jpg






IMGP0912.jpg






IMGP0871.jpg





IMGP0869.jpg





IMGP0881.jpg





IMGP0895.jpg
[ 2011/05/02 06:28 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)