とりとめのない写真(SAMYANG85mm  F1.4)

_DSC4682.jpg

SAMYANG 85mm  F1.4アスフェリカルIFレンズ 
Planar T* 85mm F1.4 ZA は高すぎて手が出ません。
そこで、AFも付いてないマニュアルレンズのサムヤン85mm・・・(笑)
明るさF1.4-F22までの明るいレンズ。^^
最短撮影距離が1.0mと長すぎです。^^;
フィルターサイズは72mmと口径のでかさは迫力十分。


_DSC4683.jpg



_DSC4685.jpg

ゴールドの銘板はケンコーのミラーレンズばりのダサ高級風?同じゴールドでももう少し違っていたら。・・・
個人的にはタムロンのレンズとかのゴールドのラインやラベルは好きではないので、銘板やラインも黒でも良かったのにと思いました。でも、高級そうに見せようとしているのに何となくチープに見える感じにも何となく魅かれてしまうのです。^^;ケンコーのミラーレンズを買った時も、そんな微妙な出来栄えに魅かれて買ってしまったのかも。・・・(笑)



_DSC4686.jpg

AFが無いので、目の悪い私にはピント合わせが難しいですが、すべてマニュアルだと自分で写真を撮っている感じがして感覚的にも楽しいです。
フォーカスリングは昔のMFレンズと同じく適度な重さがあって、リングを回す感覚はいい感じです。



_DSC4647_20100629203555.jpg

試しに適当に写してみました。
開放あたりのボケかたはいい感じだと思います。
最短撮影距離が1mと長いので使いにくい感じもしますが、人物くらいの大きさの被写体ならそんなには苦にならないと思いました。やはりポートレート撮影なんかにはもってこいなんでしょうね。
どちらかというと風景が多い私には頻繁に使うかどうかは分かりませんが、以前から85mmF1.4の単玉は憧れでしたので、これから使うのが楽しみです。^^

_DSC4655.jpg




_DSC4699.jpg




_DSC4704_20100629203737.jpg




_DSC4718.jpg




_DSC4720.jpg




_DSC4722.jpg




_DSC4724.jpg



スポンサーサイト
[ 2010/06/29 23:47 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(6)

とりとめのない写真(雨の散歩道・南牧)

_DSC4284.jpg



_DSC4323.jpg



_DSC4347.jpg



_DSC4355_20100627225407.jpg



_DSC4382_20100627225406.jpg



_DSC4386.jpg



_DSC4462.jpg



_DSC4405.jpg





_DSC4464.jpg




_DSC4517.jpg




_DSC4512.jpg




_DSC4510.jpg




_DSC4468.jpg




_DSC4480.jpg




_DSC4488.jpg




_DSC4591.jpg




_DSC4589.jpg




_DSC4572.jpg




_DSC4594.jpg





_DSC4609.jpg



_DSC4553.jpg




_DSC4629.jpg




_DSC4627.jpg




_DSC4625.jpg





_DSC4623.jpg





_DSC4616.jpg





_DSC4611.jpg





_DSC4636.jpg





_DSC4635.jpg





_DSC4633.jpg









[ 2010/06/27 23:24 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(8)

とりとめのない写真 (梅雨の色)

_DSC4215.jpg




_DSC4217.jpg




_DSC4197.jpg




_DSC4202.jpg





_DSC4204.jpg




_DSC4233.jpg




_DSC4235.jpg




_DSC4231.jpg




_DSC4230.jpg




_DSC4223.jpg




_DSC4218.jpg

[ 2010/06/23 21:57 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

とりとめのない写真(夜のウオーキング)

いつものウオーキングコースなので目新しいことも特にありませんが。・・・
日も長くなってまだ薄ら明るいです。
夜のウオーキングが気持ちいい季節になりました。


257_20100622065238.jpg




261.jpg





268.jpg




262.jpg




265.jpg





255.jpg



256.jpg




269_20100622065834.jpg



[ 2010/06/22 08:27 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

とりとめのないマシンガン①

_DSC4092.jpg

マシンガン大、中、小 (笑)
最近、撃っていてリアルな感じがするノーマルサイクルがメインで、あまりハイサイクルのチューニングをやらなくなったら、中身をばらす機会も少なくてネタも乏しくなってしまいました。^^;
とうとうやることもなくなって大きい順に並べてみるだけになってしまいました。(笑)


_DSC3955.jpg

M249(クラッシックアーミー)は電マグの調子が悪くて使わなくなってしまいましたが、こうして外で並べてみてるとまた直して使いたくなってきました。^^

M60 MK43MOD0(VFC)良くできています。見ていて飽きません。
A&Kから出してるのがこれそっくりですね。
VFCでスチール製だった部品はアルミ製みたいですし、色も少し違いますが、そんなことを除けばまんまVFCでした。・・・(笑)

M240B(トリガーハッピー)
これは大きいですが、ほぼアルミ製で結構軽いのでゲームに使ってもウソのように走れ回れます。(笑)
軽いですが、バイポッドを使わないで手持ちで構えるには長くて使いにくいです。
スリングをつけて腰だめが扱いやすそうです。でも、スリングいやなので付けたためしがないです。^^;


_DSC3990.jpg

マシンガンの手にした時の重量感はたまりませんね。
たとえトイガンであっても重めの手応えは、存在感が大きくて好きです。


_DSC4033.jpg



_DSC4032.jpg



_DSC4037.jpg



_DSC3994.jpg



_DSC4021_20100620223558.jpg



_DSC4020_20100620223559.jpg



_DSC4023.jpg




_DSC4022.jpg



_DSC3996.jpg



_DSC3998.jpg



_DSC3999_20100620223600.jpg


_DSC4045_20100620223650.jpg



_DSC4048.jpg



_DSC3957.jpg


_DSC4083.jpg





_DSC4072.jpg




_DSC3987.jpg




_DSC4064.jpg



_DSC4086.jpg


_DSC4089.jpg



_DSC4015.jpg


_DSC4026.jpg



_DSC4096.jpg



_DSC4100.jpg


[ 2010/06/21 00:03 ] M60&LMG | TB(0) | CM(10)

とりとめのないエアーガン(デザートイーグルでハエ蚊退治?( ;゚Д゚))

CIMG4114.jpg

シャキッ!!

CIMG4109.jpg

はっ、?((( ;゚Д゚))


CIMG4111.jpg

プシューー ・・・ ((( ;゚Д゚))(((( ;゚Д゚)))

CIMG4112.jpg

シャカッ!


CIMG4113.jpg

・・・???
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル

とりとめのない写真 

_DSC3822.jpg

コニカミノルタのAF17-35 
17mmあたりは画角が広いだけに、何でも入ってしまうので何を撮りたかったのか判らない写真ばかりになってしまって。・・・(^^;
自分にとっては難しいのであまり使わなかったけれど、最近カメラに付けっ放しにして置いて積極的に使ってみようと思っています。


_DSC3795.jpg

広角は下から目線も面白いかも。?


_DSC3903.jpg




_DSC3908.jpg

付けっ放しにしておいても写している暇がないので、結局あまり使わず仕舞いになってしまいます。(汗)
やっぱり、つまんない写真が増えてしまうだけでした。・・・


_DSC3865.jpg

単玉も広角ズームと同様に持て余してしまうのでした。…ぷっ       (50mm F1.4 SAL50F14)
ジッポのTWZ 電池切れで止まっていたのを一年ぶりに電池を入れ替えて復活しました。^^
また動いたらなんだかうれしくなって。・・・なかなか使うことのないミノルタの単玉と一緒に復活記念?。




_DSC3818.jpg



[ 2010/06/19 00:31 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)

小串鉱山跡・破風岳トレッキング③

DSC08704_20100613200744.jpg

まだ残っている建造物跡などの気がついたものは写してみました。
写真ばかりで長くなります。
撮った写真もどれがどの施設かはまだよく調べてないのもあるので今後調べて行きたいです。
学校跡や神社などはまだ見てなかったので、もう一度来てみて整理してみたいと思っています。

DSC08692.jpg

塞がれた坑口。


DSC09805.jpg






DSC09826.jpg

シックナー(凝集沈降槽)らしき構造物。


DSC09834.jpg




DSC09829.jpg




DSC08680.jpg

所々に散らばった耐火煉瓦。
精錬所の炉に使われてたものだろうか。


DSC08676.jpg



DSC08708.jpg


DSC08712.jpg



DSC08750_20100613201329.jpg




DSC08748.jpg



DSC08784.jpg




DSC08838.jpg



DSC08841.jpg



DSC08752.jpg



DSC08758.jpg



DSC08764.jpg



DSC08847.jpg




DSC08849.jpg




DSC08777.jpg



DSC08865.jpg

選鉱所らしき跡



DSC08867_20100613222241.jpg




DSC08874.jpg

選別した鉱石をいったん貯蔵するための大きな囲いの壁のようです。


DSC08878.jpg




DSC09857_20100613223922.jpg



DSC09858.jpg


DSC09864.jpg


DSC09883.jpg




DSC09884.jpg




DSC09891.jpg




DSC09895.jpg




DSC09898.jpg





DSC08936.jpg




DSC08942.jpg





DSC08988.jpg




DSC08990.jpg



DSC08984.jpg




DSC09937.jpg



DSC09939.jpg




DSC09940.jpg




DSC09942.jpg




DSC09949_20100613233427.jpg

小串鉱山事務所らしき建物も潰れて土に帰ろうとしていました。



DSC09950.jpg




DSC09952.jpg




DSC09960.jpg




DSC09971.jpg




DSC09975.jpg




DSC09978.jpg



DSC09979.jpg



DSC09987.jpg



[ 2010/06/14 00:21 ] アウトドア | TB(0) | CM(6)

小串鉱山跡・破風岳トレッキング②

DSC08407_20100613183422.jpg

ここはイワカガミの群生地で、とても沢山のイワカガミが咲いていました。
鉱山跡の寂しい雰囲気を打ち消すかのように沢山咲いていました。^^

DSC08436.jpg



DSC08424.jpg



DSC08454.jpg



DSC08459.jpg

長野県の高山村から硫黄や物資を搬送してた「索道」とよばれていた鉄塔跡です。
ケーブルも無いまま鉄塔だけが立ち並んでいる姿は何となく寂しくなってきます。
これはケーブルが残っている鉄塔ですが、こんな風に残っている姿もまた取り残された感じがしてやはり寂しいです。


DSC08468.jpg



DSC08471.jpg



DSC08482_20100613191009.jpg

小串お地蔵堂
昭和12年11月11日に起きた地滑りによる245名の犠牲者の供養のためにお地蔵様が祀られています。
この御堂の周辺が事故現場だったらしいです。

DSC08484.jpg

当時の様子が伺える地図。



DSC08498.jpg
変電所の跡
ほとんど朽ちてしまって屋根も落ちていますが、残った壁と骨がかろうじて建物の形を維持していました。
形が残ってるうちに写真に残しておきたくて沢山撮ってきました。

DSC08501.jpg




DSC08505.jpg



DSC08508_20100613194359.jpg



DSC08526.jpg



DSC08615.jpg



DSC08560.jpg




DSC08644_20100613194357.jpg



DSC08659_20100613194718.jpg



DSC08549_20100613194717.jpg




DSC08661_20100613194717.jpg




DSC08663.jpg




DSC09765.jpg




DSC08641.jpg



DSC08569.jpg



DSC08656_20100613195140.jpg



DSC09737.jpg



DSC09733.jpg



DSC09741_20100613195823.jpg



DSC09764.jpg



DSC09792.jpg











[ 2010/06/13 21:38 ] アウトドア | TB(0) | CM(0)

小串鉱山跡・破風岳トレッキング①

DSC08398_20100613101911.jpg



DSC08399_20100613101911.jpg




DSC08482.jpg


小串鉱山跡と破風岳に行ってきました。

小串鉱山を始まりから終わりまでずっと見届けてきた破風岳(1999m)。
登山道がジグザグに続いているのが印象的でした。

小串硫黄鉱山は、大正12年(1923年)からはじまり昭和46年(1971年)に閉山した硫黄鉱山でした。
高い標高と豪雪の中の厳しい環境にも拘らず、最盛期の人口は約2100人だったそうです。
昭和12年11月11日に起きた大規模の山崩で245名もの犠牲者を出しました。
学校や社宅、精錬所も飲み込まれる大惨事で、犠牲者には31名の児童も含まれていたことはよく知られた話です。
大規模な施設の復旧作業によって昭和13年3月には精錬所も再建されて操業も再開されました。
燃料が石炭から石油に変って、回収硫黄(原油に含まれる硫黄分を除去してそれを回収したコストの安い硫黄)の影響を受け続けてついに昭和46年6月小串硫黄鉱山は閉山を迎えてしまいます。
 
建造物はほとんど残っていない不毛の大地ですが、僅かに残った柱の跡や、土に混ざった食器の破片などから当時の生活を想像してしまいました。









DSC09709.jpg

破風岳(1999m)


DSC09045.jpg




DSC09050_20100613133717.jpg




DSC09172.jpg

破風岳の途中から見た鉱山跡。
地図で見たままの九十九折りの道の様子がよくわかります。



DSC09051.jpg



DSC09055.jpg

ムラサキヤシオツツジが満開でした。


DSC09060_20100613133716.jpg




DSC09061.jpg


DSC09062.jpg


DSC09067_20100613134030.jpg

登山道は刈られた笹の根が飛び出しているので引っかけたりして意外と歩きにくい。
刈られた上に変な乗っかり方をすると滑るので下りは特に歩きにくかったです。


DSC09071_20100613134029.jpg



DSC09079_20100613134029.jpg

すぐに山頂に着いてしまいました。
あいにく雲が多く霞んでいて残念ながら遠くの展望はありませんでした。
山頂は崖で端の方は足元からいきなり切り立っているところが多いです。

DSC09105.jpg



DSC09109_20100613134347.jpg

小さくて、まるで盆栽の様な桜が沢山咲いていました。


DSC09129_20100613134346.jpg




DSC09134_20100613134346.jpg



DSC09170_20100613134346.jpg



DSC09121.jpg




DSC09139_20100613140032.jpg



DSC09151.jpg




DSC09160.jpg



DSC09167.jpg

お昼ごはんを車に置いてきて、午後1時を回っていてお腹も空いたので車道の分岐を過ぎたあたりで引き揚げてきました。^^;
地図に出ている道とは違う?ので、いまいちどの辺にいるのかよくわかりませんでした。








[ 2010/06/13 18:29 ] アウトドア | TB(0) | CM(2)

とりとめのない写真(チルトシフトで雨の様子・・・)

215.jpg




217.jpg





216.jpg





210_20100607220527.jpg




214.jpg




212_20100607220525.jpg





211.jpg




144.jpg




218.jpg

[ 2010/06/07 22:12 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

とりとめのない写真(とりとめのないチルトシフト)

フリーソフトチルトシフトで撮った写真をいじってみました。
ズームで撮影したものは、はなから周りがボケてるのであまり変わり映えがしません。^^;
きっと、広角気味の景色や建物の写真の方が効果があるのかもしれないですね。



199.jpg


171_20100605231906.jpg



167_20100605230715.jpg


194_20100605230715.jpg



196.jpg



190_20100605230716.jpg



200.jpg




202.jpg



201.jpg



176_20100605231905.jpg



198.jpg



[ 2010/06/06 00:39 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(8)

とりとめのない写真(朝の庭樹)

DSC09681_20100605214911.jpg

気が付いたら庭のトマトも二つだけですが、少し膨らんでいて随分トマトらしくなっていました。


DSC09682.jpg



DSC09659.jpg



DSC09660.jpg


DSC09666_20100605214837.jpg

ブナの葉の新緑と赤い芽出しのモミジ。



DSC09667_20100605214837.jpg



DSC09674.jpg
けやき
[ 2010/06/05 22:56 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)

とりとめのない写真


昨日の夕立で庭の木々も濡れていて、今朝はみずみずしい様子でした。
トマトの花も咲いてきました。盛夏のころの収穫が楽しみです。^^


_DSC3530.jpg




_DSC3535.jpg




_DSC3547.jpg



_DSC3549.jpg




_DSC3551.jpg




_DSC3569.jpg
[ 2010/06/04 21:03 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)

とりとめのない写真

今まで寒い日が続いていたかと思ったら最近急に暑くなってきました。
今日は夕立でも来そうな雰囲気でしたが案の定、午後には雷とともに激しく雨が降ってきて夕立が始まりました。
大きな雷鳴や、焼けたアスファルトに雨が落ちる時の匂いに、夏を感じました。^-^


_DSC3492.jpg





_DSC3500.jpg




DSC03502.jpg




DSC03509.jpg




DSC03525.jpg


[ 2010/06/03 20:42 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)

とりとめのない写真

_DSC3451.jpg


_DSC3472.jpg


_DSC3464.jpg


またまた、夕焼けの写真です。
昨日も夕陽の写真だったので、連チャンだと少しくどいですね。・・・(汗
こんな時間に帰宅出来る事もいままでは滅多になかったので、日が沈みそうな光景を見てつい、写してしまいました。^^;






[ 2010/06/02 20:29 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

とりとめのない写真


_DSC3314.jpg



_DSC3327.jpg


今日の天気予報は曇りの予報でしたが、思ったほど悪い天気ではなくて、太陽が顔を出すと初夏の感じさえしました。
夕方にはすっかり雲が広がっていましたが、太陽が沈むころには丁度雲の間から夕陽を見ることができました。


[ 2010/06/01 23:00 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)