簡単にできる飾りを作ってみました。

_DSC1936.jpg


簡単に作れる飾りを作ってみました。
針金で枝を作って、その先端に玉にした粘土で飾り付けをしただけのとても簡単なものです。


DSC00605.jpg

100均で見つけた針金を使いました。

DSC00606.jpg

5本束ねて少しだけねじってまとめます。

DSC00607.jpg

茶色のクラフトテープを巻きつけていきます。


DSC00608.jpg

まず3本と2本に分けます。



DSC00610.jpg

分けたうちの2本の部分です。
ほんの少しだけ二つ束ねて巻きつけたらまた二股にして一本ずつ巻きます。




DSC00612.jpg

こんな感じですべてテープを巻きつけていきます。
何とか木の枝に見えてますか。?・・・^^;




DSC00613.jpg

赤系と紫系、そして白の油絵の具を白い樹脂粘土に混ぜて練ります。
白い粘土の配合を変えて色の違うたまを作りました。


DSC00617.jpg

同じものを二つ作ったのですが、一つにまとめて10個の玉のついた一つの枝にしました。
一応これで出来上がりです。
どうですか、とても簡単だったでしょう。?

_DSC1931_20100131212716.jpg




_DSC1928_20100131212720.jpg

簡単にできたのですぐ飾ってみました。^^
少しは春らしくなったかな。?











スポンサーサイト
[ 2010/01/31 22:54 ] 作ったもの | TB(0) | CM(10)

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)レイブン

_DSC1868.jpg

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)
レイブン
軽量化のための肉抜きのホールがフォルムをやわらかく美しく見せていると思います。
無骨なものも好きですが、このモデルのような全体の線が細くてエレガントな?いや、スリムなのも気に入っています。^^
縦走程度ならこのアックスで十分だと思っています。
冬も少し高いところに行ってみようと思って調べてみると、道具もあれこれと結構かかるものですね。^^;
スキルが低い自分でも道具はある程度のものが必要なので、冬の遊びはやはりお金がかかります。・・・



_DSC1903.jpg




_DSC1897.jpg



_DSC1896.jpg



_DSC1891.jpg


_DSC1885.jpg



_DSC1906.jpg




_DSC1900.jpg




_DSC1899.jpg
[ 2010/01/27 10:27 ] アウトドア | TB(0) | CM(8)

1月の定例会

一月の定例会は群馬のガンショップCOCOのフィールドに遠征してきました。^-^

この日は我がチームから私、なるなる氏、まーくん、ぢゅんちゃん、YOU君の5人で遠征してきました。
久しぶりのゲームでしたが、弾がなくなるくらい撃ちまくって(汗)一日遊んできました。^^;
群馬は暖かくてもう梅が咲き始めていて、信州とはえらく違う感じでした。
この日はなるちゃんから譲ってもらったAKMSを使ってみたくて喜んで持っていったのですが、日本向けのデチューン?のおかげでエアコキハンドガンよりも弾が飛ばなくて…仕方ないのでいつものRPKのみで遊んできました。
今度は、適正なジュールに調整しなおしてAKMSをメインで使いたいと思います。^^
この日も遊ぶのに夢中で写真を撮らなかったので、我がチームのなるなる氏(なるちゃん)のブログ「傭兵ゴンタの部屋」http://id6.fm-p.jp/272/narunaru4554/から勝手に引用しました。(なるちゃんスマン。・・・^^;)


COCO.jpg



coco6.jpg




coco5_20100125221319.jpg




coco4.jpg




coco1.jpg




COCO3.jpg

とりとめのない写真 (アイリス)

_DSC1852.jpg




_DSC1827.jpg





_DSC1856.jpg




_DSC1836.jpg




[ 2010/01/23 23:51 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)

ねんどのふきのとう

_DSC1793.jpg

ふきのとう
陽だまりの土手で芽を出してる姿を見かけると、長い冬も終わって芽吹きの美しい季節の始まりを思ってワクワクしてきます。
春の味のこの苦みが好きで、中でも一番好きなのはふき味噌ですね。あとは天婦羅でしょうか。^^
山菜はとりあえず天婦羅にして食べるとどれもおいしいですね。



_DSC1796.jpg

また、ねんどのふきのとうです。^^;
作ったあとに気がついたのですが、実物だと内側の葉の部分ももう少し細くて枚数
もう少し多いみたいです。




_DSC1791.jpg

この前作ったつくしと一緒に。
作っているときは「結構似てるかな。」なんて思いながらやっていますが、出来てから本物の写真なんかと見比べると全然似てないです。・・・(汗)
もっとよく観察してからやらないとだめですね。^^;


[ 2010/01/20 23:22 ] 作ったもの | TB(0) | CM(8)

つくし

_DSC1753.jpg

庭のつくしです。・・・


_DSC1749.jpg

まだ一月なのに我が家の庭ではつくしが出てきていました。(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル
珍しいので取ってみました。(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル


_DSC1752.jpg

んっ・・・針金が。・・・


_DSC1755.jpg


これは粘土で作った土筆でした。
はじめからバレバレでしたね。・・・^^;

初めて作ったのでこんなものですが、こういうのって難しいものですね。(汗)
今日は天気もよかったので、私はスノーシューで山を歩きたかったのですが、かみさんは粘土細工をやりたそうだったのでしぶしぶ付き合って作りました。
かみさんの要望で作るのに付き合ってやってたのに、気がついたらかみさんは違うことをやり始めて結局ほとんど作らされてしまいました。(;´д` )
たったこれだけ作るのに何時間もかかってしまって、山にも行けない時間になってしまいました。
・・・今日も登山日和でした。^^;(行きたかったな~。・・・かみさん、今日は手芸教室させていただいてありがとうございました。)(笑)


_DSC1758.jpg




_DSC1751.jpg
[ 2010/01/17 20:43 ] 作ったもの | TB(0) | CM(10)

Snap-onOLFAのカッター 

DSC01730.jpg

Snap-onとOLFAのコラボのクロームメッキのカッターに仲間が増えてました。
今度はブラッククロームが限定発売されたので、また思わず買ってしまいました。^^;



DSC01739.jpg

クロームメッキのカッターの刃の送りはワンタッチのスライドロックでしたが、今回のブラッククロームのカッターの刃の送りは昔ながらのダイヤルロックのタイプでした。



DSC01734.jpg

背中には滑り止めのラバーが付いているので使い勝手はとてもいいです。




DSC01748.jpg

ブラッククロームボディの渋い輝き。。



DSC01735.jpg

カッターは何本も必要ないのに、限定品の言葉に負けてつい。・・・^^;
[ 2010/01/16 00:20 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

GRIVEL G10 ワイド

_DSC1668_20100113225227.jpg
GRIVEL G10 ワイド

スノーボードやテレマークスキー用の靴にも対応した10本爪のアイゼンです。
ソールの柔らかいスノーブーツや3シーズン用の登山靴にも使えそうなのでG10を選んでみました。



_DSC1658.jpg





_DSC1666.jpg

長さの調整は工具なしで簡単にできるようになっています。
プレートの丸い穴にロックピンがはまってロックされます。
たくさん空いている丸い穴のどれかが靴の長さと合う様になっています。



_DSC1664.jpg




_DSC1667_20100113225137.jpg

ロックの方法は簡単で、板ばねの先にロック用の丸いピンが付いており、板ばねを指で起こしてプレートを靴の長さに合わせてスライドさせます。
丁度いいところで起こした板ばねを戻せば、丸い穴にピンがはまって動かなくなる。
単純ですが確実なやり方です。



_DSC1672.jpg


黄色い部分がアンチスノープレートで、丸くなっている部分がみそで、真っ平らな物よりも雪は付着しにくいと思います。




_DSC1671.jpg




_DSC1673.jpg





_DSC1655.jpg
まだ雪の中はスノーシューしか使ったことがありませんが、アイゼンも使ってみたかったので、今度は比べてみたいと思います。^^

[ 2010/01/13 23:54 ] アウトドア | TB(0) | CM(4)

黒斑山スノートレッキング

_DSC6788.jpg
黒斑山までスノーシューで歩きに行ってきました。
天気予報では晴れのち曇りの20%の降水確率だったのであまり天気は期待しないでいましたが、雲も出たりもしましたが、全般には晴れで展望もよくて良い登山日和でした。^^

_DSC6826.jpg

以前歩いた水ノ塔山も見えています。



_DSC6808.jpg



_DSC6797.jpg

たくさんの人が登るらしくて雪はすでに圧雪状態になっていました。
これだけ踏まれていたら、スノーシューも出番がなくリュックに括りつけられたままの状態で、靴だけで登り始めました。
人の装備を見ているとアイゼン装着の人が圧倒的に多かったですね。
ここではアイゼンのほうが歩きやすいのかもしれません。
スノーシューも履かない私たちには斜面は滑りやすかったですが、キックステップで登れなくもないし、リュックからシューを外すのが面倒だったので、そのままスノーシューを履かずに登って行きました。

_DSC6812.jpg

かみさんも苦戦してるみたいです。^^;



_DSC6794.jpg



_DSC6881_20100111164541.jpg



_DSC6828.jpg



_DSC6901.jpg

ぐるりと展望もよくアルプスが綺麗でした。^^


_DSC6900.jpg



_DSC6899_20100111164425.jpg



_DSC6898.jpg



_DSC6897.jpg

またこの景色に会えて嬉しいです。
日帰りがメインの私にとってはなかなか遠い山々ですが、時間を作ってでも登ってみたい山がたくさんあります。
横に長すぎて一枚では入りきらないです。^^;つなげてパノラマにすれば楽しそうな。。

_DSC6915.jpg




_DSC6922.jpg

浅間山が見えてきました。
雪の白色と山肌の黒い色の筋状の模様が、この時期独特のきれいな姿をしていました。




_DSC6906_20100111164314.jpg


_DSC6955_20100111164202.jpg

トーミの頭と浅間山
急な斜面を前に息を整えてクライムオン。

_DSC6951.jpg



_DSC6928.jpg



_DSC6927.jpg



_DSC6977.jpg



_DSC7035.jpg

黒斑山山頂
ここでお昼を食べました。
山頂はたくさんの人がもうすでに昼食を食べていました。
私たちも空いた場所に座っていつもの山飯(おにぎりとカップめん^^;)を食べました。
風が強くなってきてじっとしているとさすがに寒いですが、あったかい麺と食後のコーヒーは冷えた体を温めてくれました。^^
そのあとお茶を飲もうとしたら、ペットボトルのお茶が半分凍って、お茶シャーベットになっていました。・・・(;´Д`)



_DSC6974.jpg



_DSC6963.jpg



_DSC6960.jpg



_DSC7003.jpg
浅間山外輪山の蛇骨岳~仙人岳~Jバンド。



_DSC6999.jpg



_DSC6992.jpg


午後にはうすい雲も出てきました。


_DSC7077_20100111163517.jpg

登りでは履かなかったスノーシューも、ただ持ってきただけでは仕方ないので下りは履いてみました。^^;


_DSC7044.jpg




_DSC7040.jpg




_DSC7134.jpg



_DSC7113.jpg



_DSC7097_20100111163338.jpg



_DSC7083.jpg




_DSC7082_20100111163337.jpg


_DSC7176.jpg




_DSC7170.jpg



_DSC7166.jpg



_DSC7153_20100111163229.jpg



_DSC7152_20100111163229.jpg

天気にも恵まれて楽しいスノートレッキングができました。^^
やはりスノーシューは上りでは安定感抜群ですが、きつい下りは足首がしんどいでした。
圧雪ではアイゼンのほうが歩きやすい感じでしたね。
今度はアイゼンも使ってみたいと思いました。




[ 2010/01/11 22:06 ] アウトドア | TB(0) | CM(14)

とりとめのない写真 (近間を徘徊)

今日本当は山に登る予定でいましたが、前日から調子が悪くて行けそうにもなかったので、取りやめて家でゴロゴロしていました。
ぐずぐず過ごしていたらあっという間に午後になってしまってもったいないと思い、薬を飲んでみたら少し楽になったので午後遅くなってしまいましたが、山を歩けなかった代わりにウォーキングをしてきました。
時間が遅かったので10km程しか歩けませんでした。
これでは山歩きの代わりにはなりませんが、歩いてるうちに体もだいぶ調子を取り戻してきて、これくらいになれば山にもいけるほど体調も戻ったような気がしました。
家でこもっていると余計に調子が悪くなるところでしたが、かみさんに散歩を誘われたおかげで助かりました。^^



_DSC1644.jpg




_DSC1601.jpg



_DSC1630.jpg




_DSC1628.jpg



_DSC1610.jpg




_DSC1625.jpg



_DSC1633_20100110190302.jpg




_DSC1635.jpg




_DSC1637.jpg




_DSC1639.jpg




_DSC1641.jpg




_DSC1631.jpg




_DSC1633.jpg




_DSC1615.jpg




_DSC1620.jpg



_DSC1609.jpg
[ 2010/01/10 20:13 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)

木の枝の飾り

木の枝の折れて朽ち始めたものを磨いて柿渋で仕上げました。
作っては見たものの、木の枝は長くてどこに飾ったらいいものか探していたら、暖簾をかけていたところが丁度よく飾れたのでここに飾ってみました。
下から見たときにくねくねした曲りが見えるように飾ってみました。
特に変わった特徴もない普通の枝ですが、こうして飾ると楽しめました。^^

_DSC1582.jpg



_DSC1587.jpg




_DSC1585.jpg



[ 2010/01/10 19:37 ] 作ったもの | TB(0) | CM(4)

とりとめのない写真 (白いシクラメン)

_DSC1509.jpg


白いシクラメンをいただきました。^^
たくさん咲いています。
今まではうまく育てられなくて次の年まで持ちませんでしたが^^;
せっかくいただいた花なので来年も綺麗に咲かせたいです。



_DSC1514.jpg



_DSC1526.jpg



_DSC1531.jpg
[ 2010/01/08 22:16 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(6)

とりとめのない写真 (通りすがりの水沢寺)

_DSC1182.jpg

「赤城の山がきれいだな~。」って、かれこれ渋滞に巻き込まれて一時間程。・・・
「いったいどうなってるだこんな道で、もしかして事故?」と思いながらもだらだらの流れは変わらず。・・・
しばらくとろとろとつながってた先には大きなお寺らしきものを発見しました。
「そうだったのか、このお寺の初詣に来た車で大渋滞していたんだ。」
自分たちはただ通過したいだけなのに、こんな渋滞に巻き込まれては割に合わないというもの。
こうなったら、どんなお寺なのか見てやろうと思って、行き当たりばったりで立ち寄ってみました。(^^;)




_DSC1200.jpg

中はたくさんの人手で賑わっていました。
線香の煙で何も見えないほど豪快に線香を焚いて、・・・というより燃えていました。^^;


_DSC1201.jpg

まるで霧の中。・・・
とても珍しい建造物の六角堂だと後で知るのですが、その時は何だかわからず。


_DSC1207.jpg

凄く派手だけれど立派な本堂。(;゜∀゜)!



_DSC1213.jpg



_DSC1212.jpg
本堂にお参りするために長い列で並んでいましたが、時間がなかったので周りからパチリと写真だけ。・・・





_DSC1204.jpg
六地蔵と言います。
反時計回りで、回す棒につかまって廻りながら歩きます。
みんながやっていたので空いた棒についてとりあえず回ってみましたが、何回まわればいいのか分からず
「何回まわればいいんだろう。」と騒ぎながら回っていたら、見ていた人が「3回。」と教えてくれました。
3回まわって離れた後も次々と誰かしら付いて回すので、外から見ていると六地蔵は回り続けていました。


_DSC1214.jpg

これが豪快なお線香を燃やしてる?煙。
急いで体に纏う様に煙をつけてみましたが、きっとこんなんでは罰が当たる分でも御利益はないかも。・・・(汗)


_DSC1215.jpg


「坂東十六番札所 五徳山 水澤寺」
行った時には時間もなかったので、どんな所か分からないままざっと見ただけでした。
帰ってからざっと調べて見たらこんなお寺でした。

水澤寺(みずさわでら)は、群馬県渋川市(旧北群馬郡伊香保町)にある天台宗の寺院。
山号は五徳山。本尊は十一面千手観音で、坂東三十三箇所第16番札所である。
この寺の創建年代については不詳であるが、飛鳥時代上野国の国司高光の開基により創建されたと伝えられる。
江戸時代には江戸幕府から朱印状が与えられた。(Wikipedia)

本堂建物は天明七年の竣工で、すべての彫刻は掘りぬきになっているそうです。
慌ただしく見てきましたが、確かに立派な彫刻は目にとまりました。
気になったのでゆっくり見たかったのですが残念でした。


六地蔵尊自体が回転する六角堂は見ていると不思議な光景でした。
とてもインパクトが強い光景で、いまでも頭の中でくるくると六地蔵尊がまわっています。^^;
こんな建造物は全国的にも珍しい構造だそうです。
二階には大日如来が安置されて地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間界、天人界の六道を守る地蔵尊を祀り、六道輪廻の相を表しています。
多くの人が回すことで、六角堂の下で回り続けている六地蔵を見てると六道輪廻がよりリアルに感じられるような気がします。
慌ただしく寄ってみただけでしたが、今度はここに来るために時間を作ってじっくりと見てみたいと思いました。^^
水沢寺HP  http://www.mizusawakannon.or.jp/home.htm





[ 2010/01/05 14:49 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

とりとめない写真  (河童の住む湖)

中之条町にある中野条ダム。
ダムによってできた人造湖(四万湖)です。
湖水の色は神秘的なコバルトブルーで、青く輝く湖面を眺めていると時間を忘れてしまいそうです。
水が青く見えるには、銅イオンやコバルトイオンなど青色の色素などの物質が水の中に溶けていると青い色の水に見えるらしいのですが、ここの水は違うみたいです。
ここの水の青さは、「アロフェイン」という物質によって青色の光を拡散反射するために水が青く見えるという説もあるみたいです。はっきりしたことが分かっていないのもまた神秘的ですね。^^
神秘的な湖には河童がいてもおかしくありませんね。^^
ちゃんと雄と雌の河童が住んでいました。(笑)



_DSC0745.jpg



_DSC0742.jpg




_DSC0741.jpg




_DSC0777.jpg




_DSC0774.jpg




_DSC0757.jpg





_DSC0755.jpg





_DSC0752.jpg




_DSC0750.jpg




_DSC0827.jpg





_DSC0826.jpg




_DSC0820_20100104080720.jpg




_DSC0816.jpg




_DSC0809.jpg




_DSC0804_20100104080719.jpg




_DSC0859.jpg




_DSC0858.jpg




_DSC0856.jpg




_DSC0851.jpg




_DSC0849.jpg




_DSC0841.jpg
[ 2010/01/04 12:58 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(6)

とりとめのない写真 (冬の散歩)

元旦の今日は初詣を済ましたあとにウォーキングがてら散歩に行ってきました。
雪が降ったり止んだりで風も強くて寒い一日でしたが、冷たい空気の中を歩くのも中々いいものですね。
歩いた距離は10kmにも満たない程度でしたが景色も楽しめました。^^
最近全く見ることができなかった夕焼けも、久しぶりに見ることができて嬉しかったです。


_DSC0440.jpg


_DSC0445.jpg


_DSC0446.jpg



_DSC0460.jpg



_DSC0465.jpg



_DSC0470.jpg



_DSC0472.jpg



_DSC0473.jpg



_DSC0478.jpg




_DSC0482.jpg



_DSC0485.jpg



_DSC0488.jpg



_DSC0518.jpg



_DSC0527.jpg



_DSC0534.jpg



_DSC0555.jpg



_DSC0566.jpg



_DSC0578.jpg



_DSC0579.jpg



_DSC0600.jpg



_DSC0622.jpg



_DSC0625.jpg



_DSC0631.jpg



_DSC0669.jpg



_DSC0698.jpg
[ 2010/01/01 23:46 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(12)

誤って記事を消してしまいました。

アップロードの調子がずっと悪くて管理画面をいじっていたら、誤ってひとつ記事を消してしまいました。


せっかくコメント下さった皆さん誠に申し訳ありませんでした。


どうか懲りずにまたお願いいたします。


本当に申し訳ありませんでした。
[ 2010/01/01 22:03 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(0)