とりとめのない写真  (ミニ水仙)

_DSC0102.jpg
ミニ水仙
まだ冬も始まったばかりなのに、春を思わせるような黄色い花をつけた小さな水仙がお店に一つだけあったので思わず買ってきました。^^3~4cmほどの小さな花がとても可愛らしくて家の中にも春が来たみたいです。



_DSC0108_20091230153918.jpg




_DSC0109.jpg





_DSC0135.jpg




_DSC0121.jpg



_DSC0120_20091230153917.jpg



_DSC0114_20091230153917.jpg





_DSC0124.jpg







スポンサーサイト
[ 2009/12/30 16:17 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(8)

とりとめのない写真 (AKMS  7.62×39mm)

_DSC9803.jpg



_DSC9808.jpg




_DSC9796.jpg




_DSC9810.jpg




_DSC9816.jpg




_DSC9823.jpg




_DSC9827.jpg




_DSC9833.jpg




_DSC9834.jpg





_DSC9794.jpg





_DSC9797.jpg




_DSC9799.jpg
[ 2009/12/29 23:11 ] AK | TB(0) | CM(4)

閼伽流山に行ってきました  ②

_DSC9938.jpg

断崖絶壁直下の百体観音石仏群



_DSC9939.jpg

百体観音石仏群から上を見上げると40メートルほどの絶壁が迫って見える。


_DSC9955.jpg

百体観音石仏群の観音様はどれも違った表情でよく見ると座り方や身長?(大きさ)もさまざまです。
順番に見ていくと、見終わる頃にはいつのまにか癒されてすっきりした気分になります。




_DSC9948.jpg

崖が迫っていて薄暗くてせまい感じですが、何度訪れても落ち着くここが気に入っています。






_DSC9965.jpg





_DSC9925.jpg




_DSC9966_20091227182555.jpg






_DSC9968_20091227182553.jpg

観音堂です。今日は初詣のための準備をしていました。
この脇から 御野立所に登る道がついています。


_DSC9975.jpg






_DSC9976.jpg




_DSC9980.jpg

こんな感じのところを登ればすぐに御野立所につきます。



_DSC9995.jpg

12丁目の仙人ヶ岳頂上
ここからの展望は気持ちが良いです。
御野立所で野点でもやってみたくなるような所ですね。
モンベルの野点セットでもあれば・・・^^;

_DSC0003.jpg




_DSC0009.jpg




_DSC0010.jpg




_DSC0011.jpg

漂々とした姿の赤松は文人盆栽そのものの姿です。


_DSC0016.jpg

普段が崖っぷちなんだから何もこんなとこまで来て崖っぷちに立たなくても。・・・^^;
・・・少し緊張しますが気持ちいいですね。


_DSC0017.jpg


_DSC0024.jpg



_DSC0045.jpg



_DSC0049.jpg



_DSC0054.jpg

以前閼は閼伽流山の山頂あたりまで行ってみましたが、崖よりも少し奥になるため眺望がなくてつまらなかったので今回はパスして崖伝いを歩いてみました。
崖はかなり際まで行けますが堆積した松葉などで滑りやすいので危険です。場所によっては本当に落ちてしまうので近付かないほうが無難です。



_DSC0060.jpg

迫力のある崖のいい眺めですよ。
崖に生えた赤松の姿はまさに盆栽そのもので懸崖の姿がカッコイイでした。

あまり時間をかけなくてこんな景色が見れるところは隠れた穴場ですね。
今度は野点でも。・・・(^^

[ 2009/12/28 00:00 ] アウトドア | TB(0) | CM(8)

閼伽流山に行ってきました  ①

_DSC9837.jpg

閼伽流山に行ってきました。(仙人岳の御野立所の周辺)

今日は日曜日でしたが、12月27日ともなればもう後がない仕事に追われて本当は休んでいる場合ではないのですが、
プレッシャーや疲れで嫌になっていて息抜きもしたくて。・・・
それでも何か気持が引っ掛かっていて早起きして気合いを入れて登山をやるような気分にもなれません。・・・
でも、景色のいいところに行ってみたくて手軽に行ける所ですが、なかなかいい眺めの伽流山(仙人ケ岳)に来てみました。

閼伽流山の入口にある明泉寺(天台宗閼伽流山観音院明泉寺)の駐車場に車を止めてお寺の横の道を歩いていきます。


_DSC9839.jpg




_DSC9847.jpg





_DSC9861.jpg

1丁目ごとに石碑と俳句が立てられています。
御野立所まで12丁の石碑と俳句が建てられています。一句一句読みながら登っていくのもまた楽しいですね。

_DSC9862.jpg

上りの勾配は見た目以上に意外ときついです。


_DSC9858.jpg



_DSC9870.jpg




_DSC9880.jpg




_DSC9883.jpg

今日は蓼科山や八ヶ岳はぼんやりとかすんでみえています。



_DSC9887.jpg

山道のわきの崖が見えてきました。
このあたりから岩山の雰囲気になってきます。


_DSC9891.jpg





_DSC9896.jpg

4本杉
4本の大きな杉の木が見えてきました。
ここから観音堂はすぐそこです。



_DSC9917.jpg



_DSC9921.jpg

鐘楼が見えてきました。
この後ろはとても見ごたえのある断崖絶壁になっていてその直下には百体観音石仏が様々な表情で並んでいます。
[ 2009/12/27 21:36 ] アウトドア | TB(0) | CM(2)

CYMA AKMS

_DSC9711.jpg


これはCYMA製のAKMSです。
質感もこの値段なら十分なくらいだと思います。中華ガンも近頃はいい出来栄えになってきました。^^
以前からAKMS欲しかったですが、なかなか買う機会がありませんでしたが、今回仲間のなるなる氏から譲ってもらう事になりました。^^嬉しい。。

何といってもこの銃の魅力はストックではないでしょうか。
ストックは折りたたみ時にマガジンをまたぐため、Uの字型をした特徴的なデザインのストックで、見た目の武骨さがとてもカッコいいです。個人的には47Sの下に垂れた格好よりも、まっすぐな直銃床デザインのほうが好きです。 
銃のシルエットはAK47Sとよく似た形をしていますが、AKMではストック角度が変更されて直銃床になっているのが特徴です。ボディーもAK47の削り出しのものから生産性の高いプレス製の物に変更されたのも大きな特徴です。




_DSC9770.jpg





_DSC9766.jpg

AIMSと一緒に並べてみました。



_DSC9759.jpg

ロングマガジンもなかなか似合ってると思います。
もちろんストックも畳めなくなります。


_DSC9742.jpg





_DSC9745.jpg





_DSC9712.jpg
ストックを折りたたんだ状態。





_DSC9744.jpg
ストックを開いた状態、AIMSと一緒に。
[ 2009/12/27 00:32 ] AK | TB(0) | CM(2)

とりとめのない写真(メリークリスマス)

_DSC9673(1).jpg
流木もちょっこっとクリスマス。。。^^
[ 2009/12/24 08:29 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(8)

とりとめのない写真(冬の落葉松並木)

_DSC9599.jpg



_DSC9578.jpg




_DSC9569.jpg




_DSC9574.jpg





_DSC9563.jpg





_DSC9561.jpg




_DSC9605.jpg





_DSC9610.jpg




_DSC9623.jpg




_DSC9607.jpg




_DSC9615.jpg


[ 2009/12/21 23:29 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(6)

石尊山 行人岩  (内山中村公園)

_DSC9553.jpg

冬型の気圧配置の時は割と晴天になることが多いですが、そんな日は晴れても風がとても強くて冷たい風が強く吹き付けていました。
八ヶ岳の上には雪を激しく降らせてる雪雲が一日居座っていて遠くからでも雪を降らしている様子が見えました。
今日は用を済ませて時間が空いたので少しの時間で楽しめるところに行ってみようと思い山登り程ではありませんが眺めのいいところは・・・と思い浮かんだのが行人岩でした。

_DSC9410.jpg

で、行ってみました。^^
たまたま内山峡方面に出かけたついでなので何も用意していませんでしたが、面白そうなので登ってみました。

国道脇にある「行人岩」と書いてある茶色の看板を見つけて(R254を群馬に向かって右手にある。)そこから道なりに山に向かって車で入っていくと中村公園と書いた看板が見えます。そして中村公園駐車場予定地と書いた看板のある空地に車を止めました。そこから少し歩くと登山口の看板が見えてきました。
ここが行人岩の登り口になります。



_DSC9427_20091220194048.jpg



_DSC9418.jpg

つづら折りの細い道は地面が凍っていて滑りやすくなっています。
少しこの坂を登ると岩肌を登るような道になっていきます。



_DSC9431.jpg

岩の肌を登るこの様なところは凍っていて足場が悪く滑りやすいので気をつけて登ります。
何も用意してなかったので素手でしたが、岩をつかむにも雪があったりで手が冷たくて感覚がなくなりました。グローブは必要ですね。


_DSC9437.jpg
一本松




_DSC9453.jpg


屈まないと通れない窮屈な穴みたいなところが3か所程ありました。




_DSC9454.jpg




_DSC9457.jpg




_DSC9463.jpg
ここが最後の狭い所で、ここを抜けたら反対側から挟まった岩の上に出ます。
岩に足をかけられるように彫ってありますが、ここらは結構危険なので気を抜かないように注意して上がります。
この上がピークになっていて 頂上には石尊山と書かれた鳥居があり、奥には石祠が祀られています。




_DSC9467.jpg




_DSC9469.jpg

よく落ちてこないですね。^^;


_DSC9473.jpg




_DSC9476.jpg
頂上からの展望です。
内山は奇岩がたくさんある岩山の谷みたいな地形なのがよくわかります。





_DSC9515.jpg
頂上から群馬方面を見ると荒船山の姿がよく見えます。




_DSC9525.jpg
頂上の石祠





_DSC9528.jpg





_DSC9531.jpg




_DSC9482.jpg

石尊山鳥居と石祠



_DSC9484_20091220221819.jpg
佐久市方面の眺望



_DSC9503.jpg




_DSC9408.jpg


色々な形の岩場の様子はとても見ごたえがありました。眺めはとても良くて気持ちが良いでした。

[ 2009/12/20 23:22 ] アウトドア | TB(0) | CM(4)

風呂椅子みたいな飾り台

_DSC9349(1).jpg

簡単に作れるスツールを作ってみました。
以前ほぞを掘って釘を使わずにスツールを作ってみましたが、結構手間がかかってしまいました。
今回はあまり手間をかけずにネジ釘を使って足を固定して、そのねじ釘の穴をダボ木で塞いでねじを隠すような簡単なやり方で作ってみました。そんな訳で今回制作にかかった時間は一時間半ほどで片手間に出来てしまいました。


_DSC9366(2).jpg

依然作った物よりも小さめで本当に風呂椅子みたいです。


_DSC9363.jpg

足も簡単に直角に取り付けました。以前作ったものは角度をつけてあるのでこの方が見た目もいいかと思います。




_DSC9359(1).jpg

今回はいつものやり方通り、バーナーで燃やしてワイヤーブラシで炭を落として角を丸めて使用感をだしてみました。あえて艶は出さない感じにして見たかったので、塗装はしないで柿渋とアマ二油で仕上げてみました。





_DSC9352(1).jpg




_DSC9353(1).jpg
ボテっとした椅子ですが、これも有りかな。^^;




_DSC9356(1).jpg




_DSC9354(1).jpg





_DSC9375(1).jpg

流木と。



_DSC9382(1).jpg

普段使ってる物を置いてみました。



_DSC9381(1).jpg

一応座っても大丈夫でしたが何かを飾ったりする台として使ってみたいと思っています。
[ 2009/12/20 00:34 ] 作ったもの | TB(0) | CM(8)

水ノ塔山に行ってきました。

DSC06589.jpg
水ノ塔山をスノーシューで登ってきました。



DSC06562.jpg
車坂峠からの景色


DSC06568.jpg
朝の八ヶ岳♪
やっぱりいいですね。


DSC06559.jpg

朝は曇り空で今日は展望は望めないと諦めて出かけましたが、車坂峠を上って行くうちに雲の上に出たみたいに下界は雲海の中で、山はそこに浮かぶ島の様に顔を出していました。
どうせ周りの山が見えないだろうと諦めていたのでとても嬉しかったです。^^

DSC06570.jpg
浅間2000スキー場の駐車場に車を止めて支度を済ませたらスキー場の中に入って行きます。
ゲレンデのはしっこの赤いネットの反対側のキャタピラ跡に沿って歩いていきます。

DSC06581.jpg



DSC06586.jpg

雪上車の通った跡を歩いて行くと高峰温泉に出ます。
高峰温泉の向かい側が水ノ塔山への登山口になっています。



DSC06602.jpg



DSC06607.jpg



DSC06593.jpg
登山口からは雪が深そうなのでここでスノーシューを履きました。


DSC06608.jpg
いつもはかみさんと二人で歩く山も今日はゆうちゃんも付き合ってくれて三人で歩くことが出来ました。


DSC06626.jpg

目的の水ノ塔山が見えてきました。
赤ゾレの岩肌もまだ雪に埋もれてないので少し見えています。

DSC06630.jpg

まだ雪が少ないと思っていましたが、来てみれば意外と雪は積っていました。

DSC06638.jpg


DSC06641.jpg


DSC06646.jpg

大岩が見えてきました。


DSC06653.jpg



DSC06675.jpg

ぼこ岩
ここまで来たら山頂はもうすぐです。

DSC06659.jpg

振り返ればスキー場が眼下に見えています。

DSC06687.jpg




DSC06700.jpg



DSC06695.jpg
黄色い矢印に沿ってガレ場の急登を登りきるとほどなく山頂に出ます。



DSC06704.jpg



DSC06706.jpg




DSC06722.jpg
水ノ塔山(2202m)山頂


DSC06726_20091213233340.jpg
お昼はカップラーメンとおにぎりでした。



DSC06729.jpg

山頂からはとくに八ヶ岳、他にも北アルプス、四阿山や浅間山まで見ることができますが、隣の東籠ノ登山(2227m)からだと遮るものがないのでもっとよく見えます。

DSC06744.jpg



DSC06685_20091214233232.jpg
浅間の火口からの水蒸気がもくもくと上がって見えてます。


DSC06750.jpg



DSC06731.jpg



DSC06746.jpg
四阿山

大変天気もよくて風も強くはなくて登山にはもってこいの条件でした。
それでもこの日は自分の調子が悪くて、いつまでたっても呼吸が整わなくて息が上がったままだし、あげく足がつりまくってそのたびに止まってしまいみんなに迷惑をかけてしまいました。(汗)
どんな加減でこんなに調子がが悪くなるのかまったくわかりませんが運動不足や睡眠不足他色々あるんでしょうかね。
せっかくユウちゃんまで誘っておいてかっこ悪いのなんのって。(゚´Д`゚)゚。 ...


ストレッチも毎日やらなくては。・・・





[ 2009/12/15 00:29 ] アウトドア | TB(0) | CM(14)

とりとめのない写真 (流木と・・・)

まだ少しですが加工してみた流木で写真を撮ってみました。
飾る物を探してみても絵になるものがあまりなかったのでイマイチですが。^^;・・・


_DSC9258.jpg



_DSC9329.jpg




_DSC9317.jpg



_DSC9259.jpg



_DSC9268.jpg




_DSC9262.jpg




_DSC9303.jpg



_DSC9284.jpg




_DSC9309.jpg




_DSC9312_20091212114557.jpg
[ 2009/12/12 12:11 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(8)

とりとめのない写真 (Snap-Onのアジャスタブルクローフットレンチ)

Snap-Onのアジャスタブルクローフットレンチです。
開口部0ー11/8インチミリでいうと0-28mmまでのボルト、ナットをくわえることができます。
モンキーレンチの握りの部分がないですが、これはブレーカーバーなどに取り付けて使うためのもので四角い穴にバーを取り付けて使います。穴は3/8インチの穴になっています。
ブレーカーバーに取り付ける角度もまっすぐと90度と二通りに取り付けられます。
また、バーの長さも違うものを持っていれば短いレンチにも長いレンチにも変身します。
使い方次第ではただのモンキーレンチよりも使える幅が広がりますね。



_DSC9221.jpg



_DSC9238.jpg




_DSC9241.jpg



_DSC9253.jpg




_DSC9257.jpg
[ 2009/12/12 10:24 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)

流木で作ってみました。

_DSC9201.jpg

拾ってきた流木を加工してみました。^^
何か飾りにでもなればいいのですが。・・・
なるべくくぼんだ皿みたいなものを選んでみました。
何かを乗せても植えてもいいかと思いますがどんなものでしょうかね。^^;



_DSC9205.jpg
色の違いは焦がし方の違いで変えてみました。なので今回は塗装はしませんでした。
磨いた後にチークオイルを塗ってみました。


_DSC9206.jpg

磨いてしまうと流木そのままの荒々しさが無くなってしまうのですが、そのままだと少し汚いし・・・^^;
どんなふうに仕上げたらいいか迷ってしまいますね。
個人的にはあまり手を加えないほうがいい味が出てるような気がしますが、ついつい燃やしたり磨いたり色々やってしまいます。


_DSC9212.jpg

磨いてもきれいな表面になりきれないのが流木らしいのかもしれませんね。


_DSC9204(1).jpg

この白いのは磨いただけで何も塗ってません。
木の手触りがいいです。


_DSC9211.jpg

これもいじりだせば奥が深いみたいで悩んでしまいます。(笑)

[ 2009/12/08 23:22 ] 作ったもの | TB(0) | CM(10)

とりとめのない写真

散歩がてら流木を拾いに小さな川の流れる森に入ってみました。
折れた枝はたくさんありましたが、形のいいものとなるとなかなか見つけられませんでした。
葉を落した木々の山肌も、暖かそうな落ち葉の陽だまりとなっていました。



_DSC9171.jpg




_DSC9174.jpg



_DSC9178.jpg



_DSC9181.jpg





_DSC9185.jpg




_DSC9198.jpg











[ 2009/12/06 19:52 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(12)

TUBBS(タブス)フレックスALP24

_DSC9165.jpg
TUBBS(タブス)フレックスALP24
今までスノーシューではあまり起伏の激しくないところを歩いていましたが、今度は山でも使っててみたくなったので新調しました。

MSRもとてもよさそうだったのですが今まで使っていたのがタブスだったので、またタブスを買ってしまいました。

商品の説明文では
新開発の一体成型バックカントリー対応モデル。斜面のトラバース時に優れたグリップ力を発揮するトラクションレールやヒールリフターを装着することでバックカントリーシーンに対応可能なモデルです。またトップ部とテール部をソフトフレックスにすることで、トレッキング時の衝撃を吸収さらには雪の抵抗を軽減させ身体へのストレスを和らげます。
と書いてありますが、ホントかな?と物を眺めてみる。・・・


_DSC9162.jpg

バックカントリー用だけにグリップ、トラクションともに良さそうな予感をさせる裏面です。


_DSC9164.jpg

斜面にはとても効きそうな感じ。・・・





_DSC9160.jpg

クランポンもカーボンスチールのものが付いています。
形や角度なども平地用とはずいぶん違います。




_DSC9169.jpg

ただ、クランポンの可動部の軸がなんとなく華奢に見えるのですが。・・・こんなんで大丈夫なんでしょうか。?
たぶん問題ないからこうして製品として出しているのですよね。^^;




_DSC9170.jpg

ちなみに、これはアドベンチャーのクランポン可動部の軸。


_DSC9167.jpg

表側
上がTUBBS(タブス)フレックスALP24下がTUBBS(タブス)アドベンチャー
樹脂のボディのフレックスはある程度デッキがたわんでくれるので足の負担も軽くなるそうです。
アルミフレームのアドベンチャーはデッキはたわまないので足の負担が大きいみたいです。

_DSC9166.jpg

裏面
パッと見まるで違います。
アドベンチャーは平地では問題ないのですがきつい坂(結構下りが怖かった)が苦手な構造ですね。
フッレックスはバックカントリー向けのシューなのでブレードがかなりイカッチーです。
これと比べてしまうとアドベンチャーがひんそに見えてしまいます。(笑)用途が違うので比べても仕方がないのですが。・・・^^;
まだ履いていないので妄想だけですが、何気によさそうな予感。
いや、いいはずです。きっと使えば感動するはず。・・・こうして眺めていると雪が楽しみになってきます。^^


[ 2009/12/04 00:05 ] アウトドア | TB(0) | CM(13)

しばらくはまりそうな苔盆

_DSC9139.jpg

仕事から帰ってきたら何やらまた苔盆が増殖していた。・・・
かみさん作の寄せ植え植でした。^^;(いつの間にあなたまで。・・・)
シダのような葉っぱに、こけもも?栂?なにやら沢山植わってましたけど。・・・
このユキノシタのような葉っぱは??と思いきやシクラメンが植えてありました。^^;
ん~おぬしやるのぉ~。・・・
こうしてしばらくの間、細胞分裂のように同じような苔盆が増殖していくのが目に見えてる我が家であった。・・・(;´д` )

_DSC9148.jpg

ついでにこれもパチリ・・・
[ 2009/12/01 23:59 ] 作ったもの | TB(0) | CM(10)