とりとめのない写真  (カサブランカ)

_DSC6913.jpg
梅雨明けしたはずなのに毎日はっきりしない天気が続く中、朝から青空が出ました。^^
庭ではあまり成長できなかったカサブランカが小さいながらも花をつけました。咲いてる姿を見て、来年はもっと大きくなるように手をかけてやろうと思いました。


_DSC6912.jpg



_DSC6896.jpg



_DSC6899.jpg



_DSC6906.jpg



_DSC6914.jpg



_DSC6917.jpg



_DSC6923.jpg

スポンサーサイト
[ 2009/07/30 22:32 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)

とりとめのない写真 (八ヶ岳原生林)

DSC04361.jpg




DSC04544.jpg




DSC04539.jpg




DSC03534.jpg




DSC03687.jpg




DSC04480.jpg




DSC04403.jpg




DSC04487.jpg




DSC04366.jpg




DSC04364.jpg




DSC04324.jpg




DSC04338.jpg




DSC04433.jpg




DSC04411.jpg




DSC04467.jpg












[ 2009/07/29 07:05 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(11)

八ヶ岳(硫黄岳トレッキング)に行ってきました。


2009年7月20日
桜平―オーレン小屋―赤岩の頭―硫黄岳―横岳手前までの日帰り登山に行ってきました。
帰りの時間の都合で横岳のピークまで行くことができませんでしたが、天気もよくて景色も最高なトレッキングでした。^-^
一番行って見たかった横岳―赤岳はこの次の楽しみにしておきます。


DSC03482.jpg
自宅から一時間半ほどで登山口付近に着きました朝7時ごろですが桜平の駐車場は満車で道路脇も車でいっぱいの状態でした。^^;仕方ないので下ったところに車を止めました。10分ほど歩いたら登山道に到着しました。

DSC03483.jpg
登山口です。
寝ぼけているのかピンボケしてます。・・・

DSC03486.jpg
いよいよ登り始めます。
この日も登山者がたくさんいて賑やかでした。

DSC03516.jpg


DSC03581.jpg


DSC03580.jpg
オーレン小屋が見えてきました。
お風呂や個室もあるそうで設備が充実しています。イメージする山小屋以上の施設ですね。
宿泊するのがとても快適そうです。今回は日帰りなので横目に通り過ぎただけですが、ぜひ今度は泊ってゆっくりと楽しみたいと思いました。


DSC03585.jpg
桜平からオーレン小屋まで約一時間程でした。



DSC03600.jpg



DSC03587.jpg
オーレン小屋のキャンプ施設の広場を通って硫黄岳・峰の松目の看板のルートを登る。


DSC03589.jpg


DSC03593.jpg


DSC03599.jpg


DSC03640.jpg


DSC03652.jpg
しばらく原生林の中の登りが続きます。
原生林の中の苔むした倒木や、切り株に落ちた種から芽吹いた小さな木などから森の営みを感じ取れました。
DSC03641.jpg


DSC03690.jpg

深い森も開けて展望が良くなってきました。

DSC03721.jpg



DSC03722_20090725225524.jpg



DSC03730.jpg


DSC03732.jpg
シラビソの深い森がハイマツに変わって来ました。赤岩の頭ももうすぐです。

DSC03738.jpg


DSC03743.jpg
ここまで来ると空がとても近くに感じます。

ここを登りきっていきなり開けた横岳、赤岳の雄姿は感動モノでした。

DSC03757.jpg
赤岩の頭に到着。
登山口から約2時間30分ほどかかりました。
とりあえずザックをおろして休憩。
天気もよくて乗鞍岳や北アルプスなどの山々もよく見えてとても気持ちよかった。ヽ(´ー`)ノ
手前に峰の松目。

DSC03752.jpg


DSC03780.jpg
これらの写真ではいまいちですが、実際行って目の前の横岳と赤岳の姿を目にするととても感動しました。とても見ごたえがある景色です。^^

DSC03770.jpg
赤岩の頭から硫黄岳に向かいました。

DSC03859.jpg


DSC03864.jpg


DSC03866.jpg



DSC03898.jpg
あっ、と言ったまましばらく言葉が出なかった迫力の爆裂火口壁。

DSC03895.jpg
なんといっても硫黄岳の山頂のこの火口壁大崖の景色もとても見ごたえがあります。
崩れた山肌の色の違いのコントラストが綺麗で、崖の迫力、美しさににため息が出ました。


DSC03918.jpg
案内の入ったケルンが登山道に沿って並んでいます。見通しのきかない時には心強い目標になることでしょう。


DSC03929.jpg
横岳へと続く登山道。
この先はコマクサが群生しています。
珍しい白いコマクサも咲いていました。^^

DSC04086.jpg


DSC04088.jpg



DSC03972_20090725220328.jpg

硫黄岳山荘
周りはお花畑になっていて、今時期はやはりコマクサがたくさん咲いていました。


DSC03987.jpg


DSC04002.jpg


DSC04051.jpg



DSC04078.jpg
富士山が見えると何故か嬉しくなります。^^


DSC04055.jpg

横岳の上もたくさんの人で賑わっていました。
この日は時間が押していたのでここで下山しました。午後4時ぐらいに桜平に着きました。
この次はぜひ赤岳まで。

全般に天候は良かったのでとてもいい一日でした。午後に急に風が強くなってガスが出てきましたが、それ以上悪くならなくて助かりました。くだるときも問題なくくだれました。
やはり山の天気は突然変わるので、十分な準備が必要ですね。






[ 2009/07/25 22:58 ] アウトドア | TB(0) | CM(4)

残しておきたい裸電球の街灯

DSC00374.jpg
また裸電球の街灯の室内灯を作ってみました。

今度のは最初に作った物よりもずっと長いもので、古びたスノコをイメージしたものを作ってみました。もとは四角い角材でしたが、削ったり角を丸めたりして腐って朽ちた感じに仕上げたつもりですが古くもないものをウェザリングで使い込んだ感じを出すのはとても難しいと思いましたが、面白くてまたやりたくなります。^^;


DSC00378.jpg


DSC00377.jpg


DSC06683.jpg
さっそく壁に取り付けて灯してみました。

近ごろは周りでも裸電球の街灯が蛍光灯のものに変わってしまったり、犯罪抑止効果のあるらしい青色のものに変わってきています。もうしばらくすれば、裸電球の街灯もなくなってしまうのでしょうね。
裸電球の街灯のあの暖かい気持ちになる光がなくなるのはさびしい気がします。電傘タイプの街灯は電球型の蛍光灯を使ってでも残してほしいと思います。

DSC00381.jpg


DSC00380.jpg

下駄が一本だけ斜めなのは腐って外れてしまったイメージのためです。^^;


DSC06680.jpg
時計の後ろも杉材の板を磨いて塗装して貼り付けてみました。
振子時計の雰囲気も今までとは違う様に見えます。



DSC06674.jpg

ちょっと作って貼り付けるだけで随分雰囲気が変わるのでリフォームほど大げさではありませんが、面白がってチマチマいじってみました。^^;








[ 2009/07/11 23:57 ] 作ったもの | TB(0) | CM(11)

とりとめのない写真  (梅雨空の下の花)

久しぶりにケンコー500mmミラーレンズで曇り空の下でもきれいに咲いている花を撮ってみました。
少し暗めの写真になってしまいましたが、今の季節のどんよりとした雰囲気が伝わればと思います。

梅雨の雨にあたるたびに鮮やかさを増していく紫陽花の花はいいですね。
初めは真っ白だったのに今では鮮やかな青色になってきました。紫陽花は長く花を楽しめます。


_DSC6560.jpg


_DSC6567.jpg


_DSC6568.jpg


_DSC6571.jpg


_DSC6574.jpg


_DSC6581.jpg


_DSC6588.jpg


_DSC6589.jpg


_DSC6590.jpg


_DSC6592.jpg
ホタルブクロは我が家の庭ではたくさん咲いています。
ホタルもいればなおいいのですが。^^;
[ 2009/07/08 22:29 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(0)

とりとめのない写真  

_DSC6492.jpg


_DSC6495.jpg


_DSC6482.jpg


[ 2009/07/07 21:59 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(0)

とりとめのない写真  (梅雨の晴れ間の夕焼け)

_DSC6392.jpg


_DSC6380.jpg


_DSC6398.jpg


_DSC6451.jpg


_DSC6408.jpg
[ 2009/07/06 20:59 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(2)

裸電球の外灯の室内灯?

DSC00314.jpg
レトロな照明を作ってみたくて眠っていた材料で作ってみました。^^
裸電球の外灯を使ったシンプルで懐かしさを感じる照明器具です。室内で使うのはどうかと思いましたが、思ったほど悪くはないみたいでした。

他にもあともうひとつ流木でランプスタンドの本体を作ってみました。
外に放置しておいた昔に拾ってきた流木がだいぶ朽ちて来たみたいに見えたので、加工して何かに使えないものかと考えていたらこれにランプを吊るしたらいい感じなのでは?と思い作ってみました。
流木を磨いて塗装してみましたが、土台を作る時間がなかったのでとりあえずオブジェになってしまいました。^^;
あとは土台を作るだけなのでそれはまた今度作ってみようと思います。




DSC00296.jpg
流木にやすりをかけて磨いているところです。
あまり時間がなかったので機械でざっと磨いてから、窪んだ所だけ手で紙やすりをかけておしまいにしました。


DSC00297.jpg
黒い色を刷毛で塗って少し時間をおいて、シンナーをしみこませたウエスで表面を拭くと凸の部分だけ黒い色が落ちて木肌が出ます。

DSC00298_20090705203230.jpg
こんな感じです。


DSC00303.jpg
このままでもいいのですが、もう少し艶を出したかったのでさらに上からクリヤ-を塗って見ました。

DSC00306_20090705203357.jpg
かなりテカテカしていますが完全に乾燥すれば艶もひけてちょうどいい感じになると思います。

DSC00308.jpg
2X4の角材の切れっぱしに、所々くぼみができるほど紙やすりがけをして角を削って丸みを付けてみました。ただの四角い角材よりも味が出て古材のような雰囲気が出ればいいと思いやってみたんですが、作為的になってしまいました。自然な感じにするのは難しいですね。





DSC00310_20090705204005.jpg
これも黒く塗ったあとシンナーをしみこませたウエスで角をふき取ってからさらに、クリヤ-を塗ってつやを出してみました。

DSC00309.jpg
外灯の器具を取り付けた様子です。

DSC00313.jpg
外灯用の器具ですが、室内で灯してみたくてこんな感じで壁掛けにできるようにして見ました。
昔の木でできた電信柱をイメージして木の部分は黒くしてみました。

DSC06476(1).jpg
壁に取り付けて灯してみました。
電球はエコな電球タイプの蛍光灯ですが電信柱の外灯の雰囲気は出たように思います。



[ 2009/07/05 21:58 ] 作ったもの | TB(0) | CM(6)

とりとめのない写真  (今日の空)

CIMG3607.jpg


CIMG3612.jpg


DSC00228.jpg


DSC00243.jpg


DSC00246.jpg



DSC00252(1).jpg


DSC00233.jpg


DSC00250_20090704214231.jpg

[ 2009/07/04 21:49 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(0)

とりとめのない写真  (霧の朝)



_DSC6298.jpg


_DSC6299.jpg


_DSC6302.jpg


_DSC6307.jpg


_DSC6320.jpg


_DSC6323.jpg


_DSC6326.jpg
[ 2009/07/02 23:27 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(0)

とりとめのない写真   (今日の空)


CIMG3590(1).jpg
重い雲の間から時折見せる青空がとても青く見えました。

CIMG3595(1).jpg
今日の空は梅雨らしい低い雲が立ち込めて雨が降ったり止んだりの一日でした。
今年の梅雨は天気の悪い日は多いけれど雨の量はあまり多くはないような気がします。

CIMG3596(1).jpg


CIMG3602(2).jpg
光芒(天使の梯子)に出会いました。


CIMG3565(1).jpg
落ちてきそうなほど重たい雲。
[ 2009/07/01 21:51 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(0)