寄せ集めた部品でへんてこなAKを作りたい  ブルーイングしました。

CIMG2864.jpg
他の部品もブルーイングするために分解して準備しました。あらかじめパーティングラインを削って落としておきます。
写真は準備した細かい部品にブラストをかけて、塗装をはく離した様子です。
CIMG2865.jpg
アウターバレルは一皮剥いておきます。
アルミ製の純正アウターバレルのブルーイングには、バーチウッド・アルミニウムブラック液を使いました。
DSC01134.jpg

DSC01205.jpg

暗い中での撮影なので色味がわかりにくいかもしれませんが、青みがかった黒色で光にあたると下の地が透けて光ります。
DSC01152.jpg

DSC01192.jpg

リヤサイトブロックも青黒くなりました。
茶色のムラができてしまいましたが、かえって雰囲気を出しているように見えたので、そのままにしておきました。スチールの錆びた雰囲気にも見えなくないです。

DSC01199.jpg
自分でブルーイングしたものには、コンバージョンキットなどの均一的にきれいな商品にはない魅力があります。ディテールの甘いマルイのノーマル部品でも、そんなことが気にならないくらいに全体の質感が上がったみたいな気分になりました。^^
DSC01187.jpg

DSC01149.jpg

DSC01197.jpg
ウエスに黒染め液をしみこませて、染めたいパーツにそのウエスで濡らすように拭いていくようにして染めてみました。
それぞれのパーツは染めた後、ウエスで磨いてみました。ハンドガードのリングなどはスチールのプレス部品の雰囲気が出てとてもいい感じになったと思います。
写真では解かりにくいですが、クリーニングロットの色が焼けたようなきれいな色になりました。

DSC01171_20081027215451.jpg
すべての金属部品を染めてみましたが、これは面白いですね。^^
亜鉛やアルミなのに、染めた後にはスチールそのものに見えるので感動しました。

DSC01173_20081027215518.jpg

DSC01172.jpg
とりあえず完成予想はこんな格好になりそうです。^^

ブルーイング初めてでしたが、楽しかったです。
亜鉛やアルミが染まることで、鉄の重々しい質感に変化するのがたまらなく楽しいでした。
重々しい質感が、レトロなスタイルのAKにぴったしはまってとてもいい感じでした。
塗装では不可能なこの質感はとても魅力的に感じました。AKはまだあるので、ほかのAKもまたリメイクしてみたくなりました。^^;




スポンサーサイト
[ 2008/10/28 00:01 ] AK | TB(0) | CM(7)

とりとめのない写真 落ち葉のじゅうたん

DSC01052.jpg

DSC01053.jpg

DSC01066.jpg

DSC01068.jpg
里山の木も葉を落とし始めました。今日も風がとても強く、たくさんの葉を散らしていました。
いつもの山で今年はクリタケや霜降りしめじをあまり見掛けなかったので探してみたけれど、もう遅かったみたいで、見つかるものは霜にあたって朽ち始めた物が少しだけでした。^^;
あとはフユヤマタケが出ればキノコのシーズンも終わりです。
キノコはあまりとれなかったけれど、落ち葉のじゅうたんがフカフカで気持ちよかったです。^^
[ 2008/10/26 20:36 ] アウトドア | TB(0) | CM(4)

寄せ集めの部品でへんてこなAKを作ってみます。(部品を染めてみました。)

CIMG2860.jpg
銃のパーツは今までは塗装していましたが、今回初めて黒染めをやってみました。

黒染めをするためにマルイのAK47の部品にブラストをかけます。
CIMG2862.jpg

CIMG2861.jpg
先端の部分は粗めのブラストをかけて、パイプの部分とは別の部品であることを強調してみました。
あらかじめパーティングラインはサンドペーパーで消しておきますと、さらに仕上がりが良くなります。
DSC01012.jpg
黒染めにはインディーの亜鉛用を使ってみました。やり方がよくわからなくてとりあえず筆で塗って、数分したらまた塗って何回か繰り返したら黒くなったようなので水洗いしました。
そのあとでウエスでこするように磨いてみました。艶のあるところとないところができて、何んとなく使った感が出たと思います。
実際はまだ染め足らなかった見たいで、もう少し黒くてもいい感じでした。
今度は浸けてみようと思います。
DSC01019.jpg
染めた部品を取り付けてみました。
バレルと比べるとかなり明るい感じがします。

DSC01031.jpg

DSC01034.jpg

それでもなんだか渋くなって、ノーマルの部品よりも雰囲気は出たと思います。
色の濃さを調整するのが難しいですが、亜鉛の部品もスチールの部品のような質感が出せるのでやっていて楽しくなってきました。^^
他にもバレルやサイト類にリヤサイトブロックなどまだ沢山あるので当分楽しめそうです。^^;
[ 2008/10/24 22:29 ] AK | TB(0) | CM(4)

AKのハンドガードを作ってみたい その6

CIMG2841.jpg

CIMG2858.jpg
今日はアッパーハンドガードを塗ってみました。
適当に刷毛塗りをしたので汚くなって手作り感が出まくりです。^^;
綺麗な仕上がりよりも、使用感を出したかつたのでこれでいいのです。(汗;
CIMG2852.jpg
ハンドガードを仮に組みつけてみました。

CIMG2844.jpg

ロアーハンドガードは以前に作ったもので、その時に作った色ももうないので色もまたはじめから作りました。混ぜた配合も覚えていなかったので同じ色見にするのが難しかったですが、何とか似たような色見にできました。
CIMG2843.jpg

CIMG2850.jpg
少し遠めで見るとこんな感じです。
ロアハンドガードは塗りたてのころに比べて少し艶もひけて丁度いい艶になったみたいです。
不格好ですが初めてなのでこんなもんでしょうか。?^^;

[ 2008/10/22 23:18 ] AK | TB(0) | CM(9)

AKのハンドガードを作ってみたい その5

CIMG2833.jpg
寄せ集めた部品でへんてこなAKをつくっています。

前回はロアーハンドガードを合板を削って作ってみました。
ハンドガードのアッパーはスチールで作ろうと思っていましたが、下側のハンドガードが出来上がったら、やっぱり上も木で作ってみたくなってまた性懲りもなく作ってしまいました。^^;
CIMG2835.jpg

CIMG2836.jpg

実銃みたいに合板を曲げたものは無理なので、無垢の木材を削って、ひたすらくりぬいて作りました。
今回は少し手慣れたらしく、一時間ほどでほぼ格好になりました。

CIMG2837.jpg

へんてこなAKにふさわしく手作り感丸出しの変なハンドガードです。

CIMG2838.jpg


CIMG2839(1).jpg

さっそく組み付けてみました。
細かいところはまた擦り合わせなくてはいけませんが、何とか収まったのでよかったです。
この次は色を塗ってハンドガードは終了です。
あとは純正の金属部品をサンドブラストして黒染めをしてみようと思っています。^^

[ 2008/10/21 21:17 ] AK | TB(0) | CM(3)

VFCのAIMS

DSC00981.jpg
VFCのAIMSです。
特徴的なハンドガードは好みの分かれるところだと思いますが、個人的には気に入っています。
このモデルはストックの折りたたみの基部も、レバーではなくプッシュ式の後期型のタイプのがっちりしたカッコいい手のものです。
これと比べれば、今作っているへんてこなルーマニアンAKがとても恥ずかしく思えます。^^;
DSC00990.jpg
グリップもベークライトの雰囲気がよくできています。
DSC00991.jpg

DSC01002_20081017212605.jpg
合板の模様がとてもきれいです。
マニアックなスタイルですが、結構人気はありますね。

DSC00999.jpg

DSC00983.jpg
フロント周りはAKMと同じ雰囲気です。
ハンドガードがごつい割にストックが物干しみたいに貧そな感じに見えますが、こう見えても剛性は高くスチールの重量感も見た目以上でとても満足のいく造りです。
それぞれのパーツの脱着方も忠実に再現されていて、触っていても楽しいです。

そういえば、マルイのブローバック電動ガンも年末にはM4が出ますね。AKが出たら次はM4だと思ってはいましたがやはり出るんですね。^^いろんなギミックが楽しい仕上がりで期待できそうですね。
M4の次はHK(へッケラー)あたりでしょうかね。?個人的にはAIMSのブローバック電動ガンをぜひ出してもらいたいです。マルイの電動ブローバックを手にしたら、VFCやINOKATSUなどのどんなリアルなガンを手にしても普通の電動では物足りなくなってしまいました。^^;
これからは見た目のリアルさ、触った時の質感のほかに撃ち応えも重要な要素になってくると思いました。
[ 2008/10/20 21:59 ] AK | TB(0) | CM(4)

とりとめのない写真 山の小さな電車と小さな駅

DSC00591.jpg

DSC00594.jpg

DSC08473.jpg

DSC08490_20081019204658.jpg

DSC00650.jpg

DSC08487.jpg

DSC08437.jpg

DSC08511.jpg

DSC08407.jpg

DSC08387.jpg

0135401.jpg

DSC08384.jpg

DSC08441.jpg

DSC00425.jpg

[ 2008/10/19 21:05 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(4)

今日の収穫 

DSC08594.jpg
まだ落ち葉の季節には少し早いですが、そろそろ霜降りシメジやクリタケが出ている噂を聞いたらじっとしてはいられなくて、またまたいつもの森に入ってみました。^^

DSC08617.jpg

DSC08612.jpg
まだ所々紅葉し始めたばかりの雰囲気でした。
カエデの葉が光を通して透き通ったように綺麗でした。

DSC08602.jpg

DSC08600.jpg

久しぶりにムラサキシメジを見つけました。
今日見つけたのはこれだけでしたが、久しぶりだったので嬉しかったです。^^

DSC08599.jpg

DSC08620.jpg

クリタケもなかなか見つからなくてやっと見つけたのがこれだけでした。
まだ早かったのかな?それにしてもここ数年以前ほど採れなくなった気がします。

DSC08628_20081019194207.jpg

DSC08627.jpg

それでも小さい籠に8分目ほどとれました。^^
結局、お目当てのクリタケと霜降りシメジはほんの少しだけでしたが、まだりこぼうが残っていたのでそれを採っていたら籠の中がたくさんになってしまいました。
また今日は、チャツムナメタケもそこそこ取れたので籠の中身は、りこぼうと茶ナメがほとんどしめていました。^^;
[ 2008/10/19 20:16 ] アウトドア | TB(0) | CM(0)

AKのハンドガードを作ってみたい その4  (寄せ集めの部品でへんてこなAKを作ってみます)

CIMG2819.jpg
寄せ集めた部品でへんてこなAKをつくっています。
少し忙しくてあまり手をつけてなかったAKですが、最近ハンドガードを塗装しました。^^
初めにシンナーで薄めた黒色を布につけて木肌にこすりつけて木目の中だけ黒く色を付けます。その上からクリヤーに茶色、黒を混ぜて刷毛塗りしました。

CIMG2821.jpg
塗りたてなのでテカテカしていますが木が吸ってしまうので、乾燥すればもう少し艶もひけていい感じになると思います。


CIMG2827.jpg

アッパーハンドガードはスチールのヒートシンク仕様にするつもりでしたが、下ができると上も木で作ってみたくなりました。^^
写真のはアッパーの部分はマルイのプラのものです。

CIMG2823.jpg
ルーマニアンストックを取り付けました。
INOKATSUのマルイAK47ボディ用のメタルキットの場合は、ボディに付いている固定ストックを取り付けるための金具を切断しないと取り付けができませんでした。
CIMG2822.jpg

CIMG2825.jpg

VFCのAIMSのストックとはずいぶん違うタイプで折りたたみはレバーで操作します。
ストックの肩にあたる部分の滑り止めの溝が付いてなくてのっぺりしていてあまりカッコよくないです。^^;
ストックとボディの取り付け方は、切断した金具のわずかな曲りの部分を挟んでねじ止めするような取り付け方なので強度的に不安です。溶接で点付けでもしておけば少しはましになると思います。
[ 2008/10/17 22:26 ] AK | TB(0) | CM(0)

ケンコー500mmミラーレンズで庭のもみじを撮ってみました。

DSC00961_20081016214337.jpg

庭の赤く色付いたところをケンコー500mmミラーレンズで撮ってみました。
かりんの葉
DSC00964.jpg
山もみじ

DSC00965.jpg

DSC00967_20081016214410.jpg
山もみじは全部赤くなったときよりも、まだ少し青い色も残って青黄色の葉と赤い葉の混ざってるのも綺麗だと思います。
DSC00970.jpg
花水木

DSC00973.jpg

DSC00974.jpg
つつじ
DSC00971_20081016214458.jpg

DSC00977_20081016214549.jpg
相変わらず、何んとなくぼんやりとした感じに映ってしまいます。
この感じも嫌いではないのですが、撮り方が悪いのか、レンズがこんなもんなんでしょうか?よくわかりません。^^;
[ 2008/10/16 22:14 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(0)

庭のブナ

DSC00306.jpg

DSC00307.jpg

最近家の庭でも少しずつ庭木が色づいてきました。
ブナの木はてっぺんから黄色くなってきました。朝日に照らされた黄色の葉と、まだ緑色をした葉とのコントラストが綺麗でした。
DSC00317.jpg

モミジも緑色の中に一部だけ赤くなっていました。
これが全部赤くなるころは、めっきり冷えて霜も降ったりするんですね。
毎年家の中に入れてあげてる多肉植物などの鉢植も、そろそろしまう準備をしなくては。…
[ 2008/10/10 22:15 ] とりとめのない写真 | TB(0) | CM(6)

AKのハンドガードを作ってみたい  その3

CIMG2775.jpg

CIMG2776.jpg

毎日お昼休みに少しずつ削っています。・・・
今日は中をくりぬいて、バレルが通るようにしました。^^

CIMG2780.jpg

CIMG2779.jpg

結局、膨らんだ部分の形をどんな形にしたらいいか考えながら削っていたらだんだん小さくなってきたので考える余地もなくこれで止さなければならなくなりました。^^;
なんか変な形ですが、握った感じのグリップ感は悪くなさそうなのでこれで良しとしました。

CIMG2789.jpg

CIMG2790.jpg

CIMG2787.jpg

CIMG2788.jpg
細かいすり合わせはまだですが、とりあえずボデーに仮組してみました。
ハンドガードのホルダーが留まるか、バレルがよじれないか心配でしたが、何とか大丈夫みたいでした。
アッパーのハンドガードを作らなかったのは、ヒートシンクの穴だらけの鉄で出来てるタイプにしたかったので、これは鉄板を加工して作ってみようと思っています。^ー^
[ 2008/10/10 20:55 ] AK | TB(0) | CM(5)

AKのハンドガードを作ってみたい その2

CIMG2764.jpg
D-BOYSのAK74ハンドガードを参考に削ってみました。
CIMG2765.jpg
ベルトサンダーを使っていますが、ヤスリでも簡単に削ることができます。
CIMG2766.jpg
ここまでは74のハンドガードに似せて作ってみましたが,AKMのハンドガードやAK47みたいにもう少し角ばった形の方がいいような気がして、もう少し削り直してみようと思いました。
CIMG2768.jpg
AK74とAK47のハンドガードを並べて見比べてると、どうしたいのかわからなくなってきました。
CIMG2772.jpg

とりあえずここまで削ってはみたものの、膨らんだ部分の形はどんな形にしてみようか?放熱のスリットはあるのとないのではどっちがいいか?など、削ってから色々と考えが変わって来るのでだんだんへんな格好になっていってしまいます。^^;

CIMG2773.jpg
それでも合板独特の木目を見ると出来上がりが楽しみになってきます。
少しそれっぽくなったでしょうか。?(^^

[ 2008/10/09 21:40 ] AK | TB(0) | CM(7)

AKのハンドガードを作ってみたい

CIMG2760.jpg
寄せ集めた部品でAKを作っていますが、ハンドガードは合板で作ってみようと思いました。
何の合板かよくわかりませんが、これしか売ってなくて、それでもとりあえず作ってみたかったのでこの合板でやってみることにしました。
本当はウォールナットやブナ材なんかがいいのでしょうが、このわからない板で大丈夫でしょうか?少し心配です。^^;

大雑把ですが、ハンドガードの大きさぐらいに四角くノコで切り出しました。
この材料ですと3枚切りだせばほぼハンドガードぐらいの厚さになりました。
CIMG2763.jpg
木工ボンドで3枚を貼り付けて、バイス等で圧着させながら固定しておきます。
どのくらいで乾くかわかりませんが、2日ほどそのまま放置しておこうと思います。
乾いたらハンドガードの形に削って、塗装して出来上がりの予定ですが、うまくいくのでしょうか。??
今日はここまでしかできませんでした。^^
[ 2008/10/08 21:46 ] AK | TB(0) | CM(4)

寄せ集めの部品でへんてこなAKを作ってみます。

DSC00292.jpg
チマチマと数か月かけて収集したパーツ。・・・
何となく格好になりそうなので、組み立ててみたいと思っています。
DSC00298.jpg

DSC00294.jpg
ボディはINOKATSUのマルイAK47用のキットです。
これのスチールの質感は素晴らしいと思います。黒いのに、地金が透けて光るさまは絶妙な黒さ加減?だと思います。個人的には各社AKのキットの中でも一番好きな感じです。が、へんな所にスイベルがついているのはとてもいただけないですね。これに、もしも74風木製ストックなんかとりつけたらスイベルが真ん中と後ろに2個も付いているへんてこなAKになってしまいますね。ぷー・・・
でも、この似非ルーマニアンストックにはスイベルが付いていないので丁度いいといえばいいのですが、少し微妙な気分です。・・・
DSC00290.jpg
マルイのガスチューブやフロントサイトはメタリックのような塗装でシルバーの粒子がみえます。
車の塗装じゃないので、これもいただけません。これらもいったん剝して染め直してみようと思っています。
DSC00289.jpg
全体はこんな感じです。
実際に存在しないものでも構わないので、今ある部品を使ってそれっぽいものができればOKです。
ウェザリングもやってみればもっとそれっぽくなるのでしょうね。どうせ寄せ集めなのでいろいろと試してみたいですね。
ハンドガードは塗装し直すか、集成合板で作って見ようかとも思っています。合板の木目いいですね。
チマチマ集めた部品なので、作るのもチマチマとやってみようかと思っています。^^

[ 2008/10/07 21:58 ] AK | TB(0) | CM(7)

季節の変わり始めのはじまりの森

DSC00222.jpg

DSC00210.jpg

まだ紅葉には早そうな里山ですが、漆はすでに真っ赤に染まっていました。
DSC00252.jpg

DSC00236_20081005203500.jpg
少し寒くはなってきましたが、まだこの時期は木々はほとんど緑色です。そんな中でもまだらに色づいたり黄色くなったりした葉が光を通してきれいでした。
写真が下手なのでうまく表現できませんが、なんかステンドグラスみたいな雰囲気?でした。^^;
DSC00260.jpg

DSC00202.jpg
栗もたくさん落ちていました。
動物たちの貴重な餌になりますね。今年はたくさん実がなったみたいですね。

DSC00199.jpg
まだきれいな紅葉とはいきませんが、季節の変わり目の始まりのころの森の様子も好きです。
DSC00198.jpg

DSC00194_20081005203812.jpg
漆や桜以外の木はまだ黄色い葉になりはじめたものばかりでした。
DSC00188_20081005203755.jpg

DSC00179.jpg

DSC00177.jpg
この日も結局キノコを探して、山をたくさん歩いてきました。この時期はそればっかりです。(^^;



[ 2008/10/06 23:39 ] アウトドア | TB(0) | CM(2)