FC2ブログ








今日のムサシ

日曜日の朝のムサシの散歩は、種畜牧場(茨城牧場長野支場)に行ってきました。
桜がやっと咲き始めたみたいで、まだこれからの様子でした。

DSCF2860_20190421223915518.jpg







DSCF2958.jpg







DSCF2974.jpg









DSCF3087.jpg









DSCF3185.jpg







DSCF3081.jpg
スポンサーサイト
[ 2019/04/21 22:51 ] 我が家の柴犬 | TB(0) | CM(0)

ジョニー・ストロングにあこがれて

DSC06427.jpg
シーマのM14ソーコムです。
表面がシボ模様でイボイボなODカラーのストックは気持ち悪いので、イボイボを削って落としてしまいます。
ついでに茶色く塗装もしました。




DSC06428.jpg
金属部も塗装を落としてブルーイングしました。







DSC06508.jpg
シーマのM14のアウターバレルにはネジがありません。
このままだとサプレッサーは着けられないので、M14・1.0の逆ネジダイスで逆ネジを切りました。
これで、サプレッサー類が取り付け出来る様になりました。










DSC06496_HDR.jpg
取り付けるとこんな感じ。
随分長くて取り回しが悪いですね。(笑)







DSC06450.jpg
M14やM1の機関部周り、特徴的なリヤサイトなどはメカ二カルでノスタルジックな雰囲気がとても良いです。






DSC06471.jpg








DSC06468_20190419235220b8f.jpg







DSC06478.jpg
サプレッサーのない方がコンパクトで、これも良いのですが、バレルにねじを切ってまでサプレッサーを付けたかったのは・・・








DSC06546.jpg
やはり短いサプレッサーの方が具合い良さそう。







DSC06553.jpg
トリガーの感触は電動ガンの中ではとても良いのでセミオートを多用したくなります。
スイッチの焼け防止にと、UFCのFETもばらしたついでに取り付けてあります。
最初についてるモーターもダメダメなので、それよりはよっぽっどマシなEG700が手元にあったのでモーターも交換しました。
トリガーのレスポンスは少し良くなりましたが、FETの効果よりはモーター交換の効果が大きいかと思いました。






ジョニーストロング
どうしてもサプレッサーをつけたかったのは、ジョニー・ストロングのM14のマネをしたかったからでした。(笑)
映画の中のジョニー・ストロングとM14はかっこ良過ぎでした。
自分が、真似したM14を持ったところで、かっこ悪いだけですが(笑)まあ、気分が上がれば楽しいでしょう。







DSC06666.jpg
ジョニー・ストロングの持っているM14は、サプレッサーとバレルの間にクランプ用のリングらしいものが付いていて
フロントサイトから隙間なくつながっているので、これも真似して、アルミの棒を旋盤で削ったスペーサーを作り、
サプレッサーとバレルの間を埋めました。







DSC06677.jpg
ダットサイトもエイムポイントではないし、M14革スリングやマグプルもついてませんし、何よりもストックがプラですが
遠目で見れば、ジョニー・ストロングのM14風にみえてきます。??(笑)

ある風景(桜並木にて)


DSCF2727_201904142204331f6.jpg







DSCF2560.jpg









DSCF2615.jpg








DSCF4526.jpg









DSCF2601.jpg









DSCF2575.jpg









DSCF2674.jpg








DSCF2753.jpg








DSCF2587.jpg









DSCF2756.jpg








DSCF2759.jpg








DSCF2701.jpg








DSCF4528.jpg
群馬県甘楽郡甘楽町小幡 雄川堰にて
















[ 2019/04/14 23:04 ] ある風景 | TB(0) | CM(2)

プラスチックにブルーイング(シーマM052 40mmピストルグレネードランチャー )

DSC06202.jpg
以前グリップやハンドガードを木で作ったシーマのM052 40mmピストルグレネードランチャー のバレル
の部分です。
ボディは金属なのですが、バレルは黑いプラスチック製です。
以前、ボディはブルーイングしたのですが、バレルはそのままだったので、ちぐはぐな感じがしていました。








DSC06205.jpg
プラスチック用ではないのですが、96%亜鉛含有の常温亜鉛メッキを使って亜鉛幕をつければ
亜鉛用の黒染め液には反応するはずなので、これをつかってみました。
プラスチックなのでプライマーが必要なのですが、この亜鉛は塗料とは違うのではたして密着は
どの程度かわかりませんです。なので、今回はガスプライマー(フレイムボンド)をためしてみました。
どの程度の密着力があるのかは、使っているうちにわかると思います。








DSC06207.jpg
亜鉛メッキを塗布した状態はこんな感じです。








DSC06210-2.jpg
亜鉛の表面を1500番ぐらいのペーパーで慣らしてから亜鉛用の黒染め液で染めてみました。
とりあえずは染まりましたので、金属感が出ました。






DSC06214.jpg
ボディに取り付けて。
アルミの部分とは色味が違いますが、今までのバレルだけ黒い状態よりは随分良くなったと思います。







DSC06216.jpg











DSC06217.jpg










DSC06219.jpg





シーマのAKS74U

シーマのAKS74U
ピストンにエアブレーキ用のニードルを取り付けてサイレント仕様にしてみました。
ニードルはピストンヘッドの中心に穴をあけてボルトを通してヘッド側をナットで固定しただけの物です。
ボルトにはウレタンチューブを被せてノズルの径に近づけます。
このニードルはノズルの長さ程にして組んでみたのですが、試し撃ちの時はとても静かで、打撃音が聞こえなくなって
ちょっと感激しましたが、初速を計ってみたら0.2Gで50m/sも出ていなくて、ちょうどいいくらいの初速(90m/s)になるくらい
までニードルを詰めて行ったら、最終的にはエアブレーキの効果が判らないくらいになってしまいました。
何度か調整を試みましたが、結果が同じなのであきらめて、申し訳程度に残ったニードルは外すのも面倒くさいので
そのまま残してG&GのETUを取り付けて完成としました。
サイレンサーの効果もあり、音は静かになりはしたものの、自分の思う静かさにはなりませんでした。
個体差なのか、バレルは斜めに固定されてしまうので、弾道が曲がります。(笑)
補修が効かないので、バレルとチャンバーを交換したらとてもいい弾道になりました。
音の静かな物にこだわっても難しいし、弾道が良くなったので、とりあえず完成としました。

DSC05534_2019031922441966b.jpg








DSC06171.jpg









DSC06188.jpg










DSC06193.jpg










DSC06191.jpg









DSC06186.jpg
ダブルセクターを入れた黒い74Uと一緒に並べてみる。
[ 2019/03/19 23:20 ] AK | TB(0) | CM(0)